4月17日更新 緊急事態宣言を受けての会津若松市長から市民の皆様へのメッセージ

2020年4月17日

 市民の皆さん、すでに報道等でご存知の方も多いと思われますが、4月16日に緊急事態宣言の対象地域が全都道府県に拡大されました。

 まさに、新型コロナウイルス感染症対策の重大な局面を迎えているところです。
 
 本市においても、感染者は未だ確認されていないものの、福島県内における感染者の増加やクラスター(感染者集団)の発生などの状況を見ると、いつ感染者が出てもおかしくない、予断を許さない状況となっております。

 市といたしましては、現在、市民生活や地域経済へ影響を及ぼしている中、国や県とのさらなる連携を図りながら、引き続き市民の皆さんへの速やかで正確な情報提供に努めるとともに、中小企業への金融支援、水道料金などの支払いの猶予に取り組んでいるところであり、今後、国の経済支援とあいまって、次なる経済対策に取り組んでまいります。
 また、福島県知事の要請を踏まえ、4月22日から5月6日まで、市立小中学校を臨時休業いたします。
 あわせて、市役所各庁舎への来庁者の安全、安心の確保、行政サービスの停滞防止のため、職員の適正な健康管理と庁内における感染防止策の徹底を図ってまいります。

 市民の皆さんには、「こまめな手洗い」、「咳エチケット」等の基本的な感染予防対策の徹底をお願いするとともに、不要不急の外出のさらなる自粛や、感染リスクが高い「換気の悪い密閉空間」、「多数の人が集まる密集空間」、「近距離での会話や発声をする密接場面」、いわゆる「三つの密」が重なる場所を避けることを、心からお願いいたします。

 今日に至るまでも、市民の皆さんには心身ともに大変なご苦労をおかけしている中、今回の緊急事態宣言の対象地域拡大により、今後さらに厳しいお願いをすることになりますが、市民の皆さん一人ひとりの行動が、ご自身の感染リスクを下げるとともに、大切な人を守ることにつながります。
 
 市民の皆さんとともに、力を合わせて、この難局を乗り越えてまいりたいと考えておりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

令和2年4月17日        

 会津若松市長 室井 照平

 

 

新型コロナウイルス感染症に対する市の取り組み

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 秘書広聴課
  • 電話番号:0242-39-1205
  • ファックス番号:0242-28-8267
  • メール