【注意】文化財の火災にご注意ください

2019年12月3日

 4月15日にフランスパリのノートルダム大聖堂で火災が発生し、教会の尖塔などが焼失しました。

 10月31日未明には、沖縄県那覇市の首里城で火災が発生し、正殿や南殿などが全焼、収蔵していた文化財も数多く焼失しました。

 

 文化財は、火災等でいったん滅失毀損すれば、再び回復することができない、かけがえのない財産です。

 貴重な財産を後世に継承して行けるよう、防火対策の徹底と改めて防火管理等の点検・確認をお願いいたします。

 

文化財の所有者の皆様へ

 国では、「国宝・重要文化財(建造物)の防火対策ガイドライン」及び「国宝・重要文化財(美術工芸品)を保管する博物館等の防火対策ガイドライン」を策定しています。

 これらのガイドラインは、文化財所有者が行う防火対策の自主点検に役立ちますので、是非ご活用ください。

 

 文化庁ホームページ

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 文化課
  • 電話番号:0242-39-1305
  • ファックス番号:0242-39-1272
  • メール