農業委員会活動報告

2019年12月12日

 

小学校の農業体験

会津若松市の農業委員会では、小中学校の農業体験をお手伝いしています。

本年度は城南小学校のイモ植えと神指小学校の田植えのお手伝いをしました。両日ともお天気に恵まれ、子どもたちも楽しそうに体験をしました。

 

市内の小中学校で、農業体験をしたいけれど、時期や植え方、管理の仕方等わからない等ありましたら、ご相談ください。

 

城南小学校 

 

 令和元年5月30日(木)に小学校隣のレインボー農園で、里芋とサツマイモの苗植えのお手伝いをしました。

 広報部会と地域の農業委員及び農地利用最適化推進員が事前に畑を耕し、畑の畝立てとマルチがけを行う等の準備を行いました。当日は5年生と6年生に植え方の指導を行いました。

 植え付け後の水やり等も含めて、児童のみさなんも楽しそうに作業をしていました。

 

城南小学校イモ1.jpg

 

城南小学校イモ2.jpg

 

神指小学校

 

 令和元年5月31日(金)東神指の水田にて田植えの指導を行いました。神指小学校では全学年で毎年田植えを行っているため、高学年の児童は慣れた様子でした。

 田植え後には、高学年の児童へ稲を田植えができる状態まで種から育てるということや、田植えをした後の農作業についてのインタビューを受けました。初めて知る児童もいたようで、熱心に聞いてくれました。

神指小学校田1.jpg

 

神指小学校田2.jpg

 

 

なお、当日の感想は、農業委員会だより第58号にてご紹介しておりますので、ご覧ください。

農業委員会だより第58号(pdf.4MB)

 

全国農業新聞の読者拡大について

 

  • 全国農業新聞は、農業者の公的代表機関である農業委員会系統組織が、農業者の視点でお届けする週刊の農業総合専門誌です。農業委員会では、購読のお申し込みを受け付けています。

 

  • 内容等

 ・国政や、各地域の農政をわかりやすく説明

 ・先進技術や、新製品、新品種等の紹介

 ・若者や女性農業者等の活動を紹介

 ・月1回東北版や福島版の紙面では、地域の元気で特徴ある話題やイベントを紹介

 ・その他、家族全員が楽しめる記事の掲載

 

  • 発行日、購読料

 ・毎週金曜日発行(B3版8~10ページ)

 ・月額700円(送料、税込み)

 

  • 無料の見本誌もございますので、ぜひ地域の農業委員や農地利用最適化推進委員を通してお問合せください!

 

その他の活動

 

 農業委員が地域の方と協力して、農業の普及に努める活動もしています。

 本年度は、大戸小学校で初めての田植え体験を行いました。大戸小学校は水田に囲まれた学校です。地域の方と一緒に田植えをすることで、地域についての理解を深める良い機会となったようです。

 

大戸小学校田1.jpg

 

大戸小学校田3.jpg

 

その他

 農業委員会ではその他、農業に係る様々なご相談もお受けしております。

 毎月第2水曜日の農業相談の他、地域担当の農業委員がおりますので、なんでもお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

 

  • 会津若松市農業委員会事務局
  • 電話番号:0242-39-1351
  • ファックス番号:0242-39-1482
  • メール