令和元年度 高・大・社協働事業「あいづまちなかキャンパス」

2020年3月27日

 「あいづまちなかキャンパス」は、大学をはじめとする高等教育機関などと連携・協力しながら、新たな学習ニーズに応じた、専門的で質の高い学びを市民の皆さんへ提供する試みとして、平成28年度よりスタートしました。

 今年度は県立会津高等学校のグローバルリーダー部と連携し、地元大学教員の指導を受けながら、会津図書館等を活用した課題探求学習に取り組みました。学習期間は7月~3月までの約8ヶ月間にわたり、全7回の講座を実施し、課題の設定や情報収集の方法を学び、各生徒が自らの考えを論文にまとめました。
 最後には、地域の皆さんを交えての研究成果発表会を実施し、最優秀賞・優秀賞の選考を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症拡大予防に伴い、中止となりました。成果発表会に代わって優秀論文を選考を行い、グローバルリーダー部の生徒による研究成果を、広く市民の皆様へ知っていただく機会といたしました。
 
  • 令和元年度 あいづまちなかキャンパス優秀論文賞 審査結果はこちらをご覧ください

「あいづまちなかキャンパス」開催の様子

 

令和元年度 あいづまちなかキャンパス 実施プログラム
日程テーマ
7月13日(土)

オリエンテーション

会津図書館見学

 講師:社会教育指導員、会津図書館司書

7月22日(月)

研究とは何か、どういう意味があるのか

 講師:会津大学 上級准教授 網谷 祐一 様

7月29日(月)

高校生のための資料の探し方

 講師:桜の聖母短期大学 

     図書館情報センター長・企画室長 遠藤 修司 様

9月7日(土)

論文指導1

 講師:会津大学 上級准教授 網谷 祐一 様

11月9日(土)

プレゼンテーション1

 講師:会津大学短期大学部 教授 中澤 真 様

12月14日(土)

論文指導2

 ファシリテーター:社会教育指導員、会津高校教員

2月22日(土)

プレゼンテーション2

 講師:会津大学短期大学部 教授 中澤 真 様

 

 会津高校グローバルリーダー部の探究活動との連携を図りながら、會津稽古堂にて課題設定、情報収集、整理・分析、まとめ・発表の方法について講座を実施しました。高校生の皆さんは、社会教育施設の活用や専門家へのインタビュー等を経て、地域とかかわりながら課題に向き合い、自らの考えを論文としてまとめました。
会津図書館見学会津図書館見学
研究とは何か、どういう意味があるのか 研究とは何か、どういう意味があるのか

高校生のための資料の探し方 高校生のための資料の探し方
プレゼンテーション講座プレゼンテーション講座
対話を通して考えを深めます対話を通して考えを深めます
 高校生の視点から地域や社会を見つめ、生徒の皆さんの興味や関心に応じて、個人の研究テーマを設定しました。テーマの分野は、地域経済、人権問題、社会福祉、医療健康、AI、エネルギーなど多岐にわたりました。
 探究活動によって培われる力は、高校生の皆さんが大学生や社会人になって経験する実社会や実生活の様々な場面で求められる能力です。また、こうした探究活動が進路やキャリア、また一人一人が「社会・世界とどのように関わるのか」「人生をどう生きるのか」という大きなテーマを考える契機ともなります。
 今年度は会津高等学校グローバルリーダー部、そして会津大学の教員の皆さんとの連携により「あいづまちなかキャンパス」を実施しました。高等学校、大学、社会教育が生涯学習のネットワークを築き、連携を図ることで、公民館だけでは実施できなかった、地域の若い世代の皆さんの成長を支える取り組みへと結びつきました。

 

 

 

Twitter および Facebook 上でも情報発信していますので、こちらもご覧ください。
Twitter 會津稽古堂 ページ ※Twitter のページにジャンプします。 

ぜひフォローしてください!
Facebook 會津稽古堂 ページ ※Facebook のページにジャンプします。 ぜひ いいね してください。

 

お問い合わせ

  • 会津若松市生涯学習総合センター【會津稽古堂】
  • 電話:0242-22-4700
  • FAX:0242-22-4702
  • メール送信フォームへのリンクメール
  • 郵便番号:965-0871
  • 所在地:会津若松市栄町3番50号