令和元年度 會津稽古堂市民講座「立正大学デリバリーカレッジ」開催報告

2019年7月16日

 立正大学は、1872年開学、開校140有余年を数える総合大学です。8学部15学科、大学院7研究科を擁し、自由闊達な学風の中で多くの学生が学んでいます。
 「立正大学デリバリーカレッジ」は、地域社会への開放的で知的な貢献を目指し、大学の専任の教員が全国各地に赴き、各分野の最新の研究成果を分かりやすく伝える社会貢献事業です。本市では會津稽古堂が開館した平成23年から毎年開催しています。

 

開催日程

  • 6月8日(土)14:00~15:30 「現代を生きる心理学~超高齢時代を見据えた仕事と人生~」
  • 6月15日(土)14:00~15:30 「古代の家族を読む―日本霊異記、そして、古事記・万葉集」
  • 6月22日(土)14:00~15:30 「楽しいまちづくり、生活づくりのヒント」

 

第1回 現代を生きる心理学~超高齢時代を見据えた仕事と人生~  心理学部教授 所 正文 先生 

 高齢化が進むことで、社会全体がどう変化していくのか、具体的な例をあげながら教えていただきました。また、平均寿命が伸びていく一方で、定年を迎えてからの長い時間を、個人がどのように生きていくのかがポイントとの解説をいただきました。

 所先生からは、定年前まで充実した職業人生を過ごした人が、定年後も同じように生きれるとは限らないことに触れ、定年前までの「第1時計」を終了させ、時計をリセットして「第2の人生時計」を再スタートさせることを提案いただきました。さらには、経済力だけではない「幸福度」という指標で生き方を選択する考え方にも触れ、幸せな老年期を過ごすための新たな視点を示していただきました。

 

第1回講義1.jpg
   

 

受講者アンケート回答(抜粋)

  • 新しい発想に触れ刺激をうけた。
  • これからどう幸福に生きていけば良いか指針をいただけた。
  • 高齢者の一員として、これからの人生の拠り所とし、人生時計他、講義頂いた内容を活かせるよう日々取り組みたい。
  • 幸福度についてお聞きして、現在、自分のボランティア活動していることの意味を再確認でき本当によかったです。ぜひ次につなげていきたい。

 

第2回 古代の家族を読むー日本霊異記、そして、古事記・万葉集  元文学部教授 三浦 佑之 先生

 古代の家族の関係性を「日本霊異記」「万葉集」「古事記」から読み解いた三浦先生の研究成果をもとに講義いただきました。

 「日本霊異記」は8世紀に生きた人々の生活や苦悩がさまざまな形で描かれた、日本最古の仏教説話集です。

 こうした文献資料には、平城京成立に伴う都市化や核家族化、貨幣による経済活動の始まりといった、現代にも通じる社会状況の影響が表れていることに触れられ、

今を生きる私たちと同じような家族の問題に悩み苦しむ古代の人々の姿を伝えていることを教えていただきました。

 自らの家族への「愛しさ」と「煩わしさ」がにじむ、山上憶良の万葉集の歌を解説いただき講義を締めくくりました。

 

第2回講義.jpg

 

 

受講者アンケート回答(抜粋)

  • 1300年前の人の気持ちも今とあまり変わらず驚いた。
  • わかりやすい現代語訳もあり、とても理解しやすい内容だった。
  • 深い研究の結果をお聞かせいただき、ありがとうございました。
  • 「日本霊異記」「万葉集」「古事記」は難しくてなかなか読めない、理解しにくいと思い避けていたが、読んでみようという気持ちになった。

 

 

第3回 楽しいまちづくり、生活づくりのヒント  社会福祉学部教授 大平 滋 先生

 2025年という近い未来に東京都での人口がピークを迎え、以降は減少に転じるという状況についてご説明いただき、人口減少にともない変化していく社会に私たちはどう向き合うべきか講義をいただきました。地域の個性を活かしたまちづくり、人口が増え続けていた時代の価値観から脱却し、モノよりも心を満たす生き方への転換などについて具体的な事例をもとにご提案いただきました。

 講義の最後には、大平先生から高齢化や人口減少は悪いことばかりではなく、これまでの社会を変える良いきっかけともとらえることができるとの言葉をいただきました。

 

第3回講義.jpg  

 

受講者アンケート回答(抜粋)

  • 会津でも考えなければならない課題だと思いました。
  • 地域社会の将来や個人の生き方について大変深いお話だった。
  • 新しい考え方が必要になっていく時代だと思う。参考になりました。
  • こんなに身近なところで大学講義を受講できる幸せ、ありがとうございました。

 
 今年度の會津稽古堂市民講座「立正大学デリバリーカレッジ」も多くの市民の方々に受講いただきました。

 立正大学の先生方による最先端の研究に触れるデリバリーカレッジは、受講された市民の皆さまの大きな刺激となり、学び続ける喜びを体感できる市民講座として、毎年大変好評を得ています。

 受講いただきました皆さま、そして、はるばる本市にお越しいただき、貴重な研究成果をお聞かせくださった、所先生、三浦先生、大平先生、誠にありがとうございました。

お問い合わせ

  • 会津若松市教育委員会 生涯学習総合センター(會津稽古堂)生涯学習グループ
  • 電話番号:0242-22-4700
  • ファックス番号:0242-22-4702
  • メール

Twitter および Facebook をご覧ください!

 Twitter および Facebook 上にて生涯学習総合センター【會津稽古堂】からのお知らせを発信しています。
 Twitter 會津稽古堂 ページ ※Twitter のページにジャンプします。

 Facebook 會津稽古堂 ページ ※Facebook のページにジャンプします。