要介護認定調査業務委託に係る指定市町村事務受託法人 公募による選定結果について

2019年6月5日

「要介護認定調査業務委託に係る指定市町村事務受託法人」を公募し、受託候補者を選定しましたので、選定結果を公表します。

要介護認定調査業務委託に係る指定市町村事務受託法人 選定結果について

本公募の選定結果は、次のとおりです。

1 選定委員会開催日時

令和元年5月24日(金) 13時30分から

2 受託候補者名

社会福祉法人 会津若松市社会福祉協議会

 

 

 

 

以下、募集を行った際の内容です。

 

 

市では、「要介護認定調査業務委託に係る指定市町村事務受託法人」を募集します。

案件概要

募集する内容

要介護認定調査業務委託に係る指定市町村事務受託法人

委託予定の業務内容

主に新規申請に係る要介護認定調査業務。詳細は「指定市町村事務受託法人による要介護認定調査業務委託仕様書」をご覧ください。

参加資格・提出書類等

「公告」及び「要介護認定調査業務委託に係る指定市町村事務受託法人募集要項」をご覧ください。

選定者数

1者

選定方法

公募による選考

公募スケジュール

 

 日程  時間  内容
4月3日(水) 公募開始(公告日)
4月26日(金) 17時15分 質問受付締切
5月8日(水) 17時15分 応募意向申出書提出締切
5月15日(水)  ― 応募書類提出締切
5月下旬  ― 選定委員会 ※日時は後日連絡します。
6月上旬  ― 選定結果通知(予定)

指定市町村事務受託法人

の指定後

 ― 契約締結

 質問書に対する回答(随時更新)

【質問一覧表】

 質問  回答
 業務委託履行期間が1年間とありますが、その後の委託事業継続の予定はありますか。または、年毎の公募となりますか。  本公募により選定された候補者は、福島県から指定市町村事務受託法人の指定を受けていただき、今回の委託期間終了後も、継続して受託いただきたいと考えております。
 なお、今回の委託期間終了後における新たな契約内容(委託期間、委託金額、調査委託件数等)につきましては、受託者の業務履行状況や要介護認定申請件数等を勘案しながら検討いたします。
 委託業務履行内容として、業務完了は、調査票提出までと捉えてよろしいでしょうか。PCソフトでの入力は行政対応と考えてよろしいでしょうか。  認定調査票の提出までが一連の業務となりますが、調査内容の点検を実施し、疑義等があれば、随時電話等で確認をさせていただくことがあることをご承知おきください。
 なお、介護保険システムへの入力作業等につきましては、市で対応いたします。
 業務履行体制として必要人員確保とありますが、件数の推移による状況に合わせた調査員の配置人員数の変更は可能でしょうか。  指定市町村事務受託法人として福島県の指定を受けるにあたり、事務所に配置する介護支援専門員の員数や一覧など、介護支援専門員に関する事項を記載した書類を福島県に提出する必要があります。
 認定調査件数の状況にあわせた配置人員数を変更するためには、その都度、福島県に対し、変更等の届出が必要になるものと思われます。
 管理者として、居宅等での実務経験の有無も配置要件となりますか。  管理者の要件は、「指定市町村事務受託法人による要介護認定調査業務委託仕様書」の「8の(1)及び(3)」を満たす者を常勤かつ専従で1名配置することです。
 指定市町村事務受託法人の指定申請書様式のダウンロード方法をお知らせ願います。  指定市町村事務受託法人の指定申請書様式等に関することにつきましては、福島県へお問い合わせください。

 

公告及び募集要項等

 会津若松市公告第107号(51KB)

 01 募集要項.pdf(393KB)

 02 仕様書.pdf(254KB)

 03 応募審査基準.pdf(202KB)

 04 提出用封筒の作成方法.pdf(53KB)

様式

PDF形式

 05 応募書類.pdf(366KB)

 06 質問書・応募意向申出書・辞退届.pdf(184KB)

Microsoft Office形式

 07 応募書類.docx(25KB)

 08 質問書・応募意向申出書・辞退届.docx(15KB)

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 高齢福祉課
  • 電話番号:0242-39-1247
  • ファックス番号:0242-39-1431
  • メール