第2回あいづわかまつ地域福祉を考えるセミナー ~地域防災について考える~ を開催します

2019年2月15日

本市では、「自助・共助・公助の連携による災害被害の少ない会津若松市」を目標として防災対策への取り組みを行っています。

近年多発している大規模災害から地域を守るためには、平時からのコミュニティづくりや、要配慮者への支援体制など、地域で助け合う「共助」の力が特に重要となります。

そこで、今回は「地域防災について考える」をテーマに、「共助」や「要配慮者対策」の面から国の施策に関わっている、跡見学園女子大学教授鍵屋一さんを講師にお招きし、地域防災の課題や具体的な取り組みについて講演していただきます。

 

開催概要

日時

  • 平成31年3月14日 木曜日
  • 15時から17時まで

場所

  • 會津稽古堂(生涯学習総合センター) 研修室2・3
  • 入場無料、手話通訳あり、車いす席あり

演題

  • 「近年の災害に学ぶ地域防災力の高め方 ~地域と福祉を中心に~」

講師

 跡見学園女子大学 観光コミュニティ学部 教授 鍵屋 一(かぎや はじめ) 先生   

写真.jpg

プロフィール

  • 1956年 秋田県男鹿市生まれ。早稲田大学法学部卒業、京都大学博士(情報学)
  • 新橋区福祉部長、危機管理担当部長(兼務)、議会事務局長などを経て2015年3月退職
  • 2015年4月から現職
  • 内閣府「災害時要援護者の避難支援に関する検討会委員」、
  • 内閣官房地域活性化伝道師、一般社団法人福祉防災コミュニティ協会代表理事、
  • NPO法人東京いのちのポータルサイト副理事長、一般社団法人防災教育普及協会理事 など
  • 著書に『図解よくわかる自治体の防災・危機管理のしくみ』、『地域防災力強化宣言』 など

 

申込み方法

 電話、ファックスまたはメールにて、代表者氏名・電話番号・参加人数をお知らせの上、市役所の危機管理課までお申込みください。

 ※車いすを使用している方や手話通訳を必要とする方がいらっしゃる場合には、人数を記入してください。  

   セミナーチラシ(裏面 申込書).pdf(172KB)

申込み締め切り

  平成31年3月8日 金曜日(定員になり次第、申し込みを締め切らせていただきます)

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 危機管理課
  • 電話番号:0242-39-1227
  • ファックス番号:0242-26-6435
  • メール