子どもの森活用事業「子どもの森で火を起こしてご飯を炊こう」

2018年10月23日

平成30年度子どもの森活用事業「火を起こしてご飯を炊こう!」を開催しました

 5月に行う予定でしたが、悪天候により10月に延期をし実施しました。

当日は秋晴れのもと、会津自然の家さんを講師に迎え、親子11組が石を積んでかまどを作り、舞ぎり式火おこし器をつかって火をおこしました。

残念ながらすべての親子で火がおこせたわけではなかったのですが、自分たちで作ったかまどに薪をくべて飯ごう炊さんを行いました。

無事に失敗することなくご飯を炊くことができ、達成感を感じた皆さんの笑顔がはじけていました。

お昼には青空の下にブルーシートをひいて、自分で炊いたご飯にカレーをかけて食べました!

何杯もカレーをお代わりしている子がたくさんいました。

 

午後は、10月は体験の風を起こそう推進月間ということで、子ども遊びリンピックでディスクゴルフを実施しました。

子どもの森いっぱいにコースを作り、様々な障害を乗り越えながらより少ないスコアでゴールできるように子どもたちは張り切っていました。

 

子どもの森では、バーベキューや芋煮、キャンプだけでなく広い芝生で様々な活動ができます。冬にはそり滑りやスキーなども行うことができます。

ご利用になる際は事前に会津若松市生涯学習総合センター(會津稽古堂)までお問い合わせください!

 

火おこしの様子 
火おこしの様子3.JPG 

 

火おこしの様子2 
飯ごう炊飯の様子 

 

ディスクゴルフの様子
ディスクゴルフ2