規定回数を超える訪問介護(生活援助中心型)利用者届出書について

2018年10月10日

規定回数を超える訪問介護(生活援助中心型)利用者については届出が必要です

 「指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準(平成11年3月31日厚生労働省令第38号)第13条第18号の2」に基づき、平成30年5月2日付けで、「厚生労働大臣が定める回数及び訪問介護」(平成30年厚生労働省告示第218号)が公布され、訪問介護の生活援助中心型サービスについて、利用者の自立支援や重度化防止の観点から、居宅サービス計画に厚生労働大臣が定める回数以上の訪問介護を位置づける場合には、当該サービス計画を市町村に届け出ることが義務化されました。

 

対象となる利用者

生活援助が中心である訪問介護サービスが、1月につき次の回数を超えるもの。

要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
27回 34回 43回 38回 31回

※上記の回数には、身体介護に引き続き生活援助が中心である訪問介護を行う場合(生活援助加算)の回数を含みません。

 

提出書類

 (1) 規定回数を超える訪問介護(生活援助中心型)利用者届出書・・・Excel様式(17KB)

 (2) 基本情報及びアセスメントシート

 (3) 居宅サービス計画「第1表」~「第7表」の写し

  ※居宅サービス計画書「第1表」は、利用者へ交付し署名があるもの

  ※居宅介護支援経過「第5表」は、生活援助中心型の訪問介護を位置付けた理由を記載したページのみで可

 (4) 訪問介護計画書の写し(訪問介護事業所から提供を受けたもの)

 

適用年月日等

 平成30年度10月1日からの適用となります。

 したがって、10月以降に作成又は変更した居宅サービス計画書について、翌月の末日までに届出が必要となります。

 

提出先・その他

※提出書類をそろえて、会津若松市役所高齢福祉課窓口までご提出ください。郵送での受付も可能です。

※提出されたケアプランについては、市が改善の必要性などについて検証し、自立支援型地域ケア会議等で検討を行うほか、必要に応じてヒアリングを実施します。

 

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 高齢福祉課 介護保険給付グループ
  • 電話番号:0242-39-1247
  • ファックス番号:0242-39-1431
  • メール