こころの健康づくり

2018年6月5日

こころと体の深い関係

 心の健康と体の健康は密接に関係しています。体に不調をきたすとひどく落ち込んだり、ストレスが原因で体調を崩したりすることがあります。また、ストレスを抱えた状態が続くと心身のバランスが崩れ、イライラや無気力、疲労感、抑うつ感、頭痛、食欲低下、過食、不眠などさまざまな変化が表れやすくなります。ストレスをなくすことはなかなか難しいものです。ためこまないよう、うまく吐き出したり、軽くしたりと上手に付き合っていきましょう。

 

ストレスと上手に付き合うためのセルフケア

  • 朝は決まった時間に起き、朝の光を浴びましょう。体内時計がリセットされ、日中元気に活動しやすく、約16時間後には眠りを誘い情緒を安定させるホルモンがピークになります。
  • 体を温めるバランスの良い朝食で、昼の活動体制に切り替えましょう。
  • 夜はぬるめのお風呂でリラックスしましょう。
  • 夜遅くまでのテレビやスマホ、ゲームなどは質の良い睡眠の妨げのもとになるので、控えめにしましょう。
  • 仕事や勉強の合間には、休憩やストレッチをして気分転換をしましょう。
  • 職場ではこまめな「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」を心掛け、問題を一人で抱え込まず、窮地に陥る前にSOSを発信しましょう。

 

相談窓口

 うつ病かもしれない・・・不安、心配、どうすればいいの?そんなときはぜひお電話ください。

  • 会津若松市役所 健康増進課 (電話番号:0242-39-1245)
  • 会津保健福祉事務所 (電話番号:0242-29-5275)

   会津保健福祉事務所では、精神的な悩みでお困りの方やその家族の方への相談会や教室を実施しています。

   詳細は心の健康相談うつ病家族教室ひきこもり家族教室ホームページをご覧ください。

  • 福島県精神保健センター (電話番号:024-535-3556)

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所健康増進課
  • 電話番号:0242-39-1245
  • ファックス番号:0242-39-1231
  • メール

関連ワード