【あいづ食の陣】秋のテーマ食材は“会津米・酒” 参加店舗を募集します

2017年12月28日

参加店舗を募集します

 

会津地鶏

 会津の豊かな農産物を活用した飲食メニュー等を提供することで「会津の食」の魅力の向上を図り、またその情報を積極的に発信することで誘客増加に繋げることを目的とした「あいづ食の陣」を開催しています。

 このたび、令和元年10月から12月まで開催する「あいづ食の陣・秋(会津米・酒)」の参加店舗を募集します。

 

 いわずと知れた米どころ会津地方。その産地となる会津盆地は、盆地特有うの昼は暑く、夜になると涼しくなる温度の差を生かした、美味しい米づくりに最適な土地です。秋になると、朝霧が発生し、葉や土壌を潤します。冬は雪が降ることで地力の消耗が少ないのです。また、盆地の中央には阿賀川や湯川が流れ、周辺の山々、森から栄養豊かな水が河川に流れ込みます。その水が水田を満たし、米の生育を支えるのです。

 

 また、「平成30酒造年度 全国新酒鑑評会」で、福島県は史上初の7年連続金賞数日本一を達成しました。

福島県内の、金賞受賞した蔵元22蔵元のうち、13の蔵元が会津地域です。

 

 この会津の秋の農産物を代表する会津米・酒を使用して市民の皆様や観光客の方々へ提供してみませんか。 参加希望の店舗は、下記の募集要項をご確認いただき、「参加申込書」をダウンロードして、必要事項をご記入のうえ、あいづ食の陣実行委員会事務局(農政課)までご提出ください。

 

 

あいづ食の陣ご参加のメリット

 

  •  パンフレット35000部作成。県内外や旅行エージェントにPR!
  •  店内食の陣メニューPOP(日本語・英語)、食の陣英語パンフレットも作成配布!
  •  あいづ食の陣公式サイト、facebook、InstagramでPR!
  •  市政だより、フリーペーパー等で食の陣参加店舗をご紹介!
  • テレビでご紹介されることも!
  • 各種イベントへの出店PR!
  •   「あいづ食の陣の日」開催中!まんま~じゃ、リオン・ドール、コープで年間12回開催!シェフによる試食の他、テーマ食材を含み店内商品1000円以上お買い上げの方に、抽選で毎回50名様へ飲食券をプレゼント! ※飲食券は後日事務局で精算します。
 
 
 

「あいづ食の陣・秋」募集要項

(1)実施内容

 1年間を春(4月から6月まで)・アスパラ、夏(7月から9月まで)・トマト、秋(10月から12月まで)・米・酒、冬(1月から3月まで)・会津地鶏の4シーズンに分け、各シーズンの地元農産物を活用した飲食メニューや加工品等を提供し、パンフレットを作成する他、ホームページで参加店舗及び提供メニューのPRや会津の食の魅力を広く情報発信します。
 ※パンフレットは観光施設への設置及び旅行エージェント等に送付する予定です。

 

(2)参加条件

 以下の内容を満たすことができる店舗とします。

  • 会津若松市内の店舗等であること
  • 令和元年10月1日から12月31日までの期間中に、会津産米・酒を使用したメニューや加工品等を随時提供・販売が可能であること
    ※「1日限定○食」とすることも可
    ※パンフレットに掲載するため期間途中でのメニューの廃止・変更は不可
  • イベント終了後も引き続き地元農産物を積極的に活用する意思があること
  • 積極的に本イベントの周知を行い、販売促進活動を行えること
  • イベント終了後にアンケート調査等について回答できること
  • 令和元年7月下旬頃に予定しているパンフレット用写真撮影に対応できること

 

(3)店舗の選定

 内容により参加店舗を選定させていただきます。

 

(4)参加費用(テーマ食材毎)

 3,000円(本取組みへの参加に対する協賛金)

 

(5)その他

  • 価格の指定はございません。メニュー内容に合わせた価格設定をお願いします。
  • 過去のテーマ食材に参加された場合、継続でも改めてお申込みください。
  • 本事業について不明な点がありましたら、農政課までお問い合わせください。

 

(6)申込み締め切り

 令和元年7月10日(水) ※取材・撮影等の都合上、締め切り厳守でお願いします。

 

各種様式等

 

【主催 あいづ食の陣実行委員会】

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 農政課
  • 電話:0242-39-1253
  • FAX:0242-23-8180
  • メール送信フォームへのリンクメール