国民健康保険特別会計の令和3年度決算の概要

2022年11月22日

国民健康保険特別会計の令和3年度決算を報告します

  • 医療費の抑制にご協力ください

  国民健康保険制度は、国民皆保険を将来にわたって維持していくため、平成30年度から制度改正が行われました。

  令和3年度の国民健康保険特別会計は、新型コロナウイルス感染対策の実施に伴う感染症の減少や受診控えからの回復基調などにより、令和2年度よりも医療給付の費用が増加しました。

  皆さんの負担を増やさないためにも、特定健康診査を受診することでご自身の健康状態の把握し、生活習慣病の予防や重症化を防ぐとともに、ジェネリック医薬品の利用などにより、医療費の抑制にご協力ください。こうした取組は、ご自身の負担の軽減にもつながります。

 

【歳入総額の内訳と割合】
内訳収入済額割合
国民健康保険税  20億6,412万円   17.9%
県支出金  78億4,177万円   67.9%
繰入金  12億9,606万円   11.2%
そのほか     3億4,252万円     3.0%
合計   115億4,447万円    100%

 

 【歳出総額の内訳と割合】

内訳支出済額割合
保険給付費  77億6,290万円 69.2%

国民健康保険事業費

納付金  

 29億5,760万円 26.4%
そのほか    5億       64万円   4.4%
合計   112億2,114万円  100%

 

 【被保険者の状況】

区分令和3年度令和2年度増減

 加入状況

 (年間平均)

世帯数

  16,285世帯

  16,407世帯  122世帯の減
被保険者数      25,019人     25,542人   523人の減

 医療給付

 (1人当たり)  

医療費    363,271円     344,828円   18,443円の増
受診件数         10.7件         10.2件     0.5件の増

※国保事業年報、福島県国民健康保険団体連合会資料による

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 国保年金課医療給付グループ
  • 電話番号:0242-39-1244
  • ファックス番号:0242-39-1432
  • メール

関連ワード