11月は児童虐待とDV防止月間です

2019年11月6日

DVとは?

 児童虐待やドメスティックバイオレンス(配偶者への暴力などの家庭内暴力。以下「DV」)の解決には、加害者の自覚や被害者の訴えに加え、周囲の気付きも必要です。

「おかしい」と思ったら、ご連絡ください。

 

子どもの権利条約を意識して子どもの成長を見守る

  • 子どもの権利の主な項目
  • 生きる権利
  • 暴力などから守られる権利
  • 育つ権利
  • 表現・行動する権利

 

DV防止講演会を開催します

 ウイメンズハウスとちぎ前理事長の中村明美さんによる講演会を開催します。中村さんは20年以上に渡り女性支援の現場でご活躍されており、今までのご経験を含めて、ご講演いただきます。DV防止について、ぜひ一緒に考えてみませんか。当日は託児もできます。

詳しくは下記ページをご覧ください。

DV防止講演会ページ

 

DV防止週間にあわせて市内の施設がパープルにライトアップされます

  • ライトアップ施設 鶴ヶ城および一般財団法人竹田健康財団 竹田綜合病院
  • とき 11月12日(火)から25日(月)の日没から午後9時 ※鶴ヶ城は11月18日(月)から開始
  • 内容 DV防止の意識啓発を目的として、DV防止のシンボルカラーであるパープル色に市内の施設がライトアップされます

 

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 こども家庭課
  • 電話:0242-39-1243
  • FAX:0242-39-1434
  • メール送信フォームへのリンクメール
  • 会津若松市役所 家庭・女性福祉相談室
  • 電話:0242-32-4470