パブリックコメント 医療費助成制度に係る個人番号の利用について(終了)

2017年10月19日
募集期間は終了しました。ご協力ありがとうございました。
 
 
市では、医療費助成制度に係る個人番号の利用のため、広く意見を募集します。

 

趣旨及び目的

「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」いわゆるマイナンバー法が施行され、個人番号の利用が始まりましたが、医療費助成事務(重度心身障がい者医療費助成、子ども医療費助成事務、ひとり親家庭医療費助成事務)は、個人番号を利用することができる事務に規定されていません。
そのため、市で実施している医療費助成事務については、助成対象者が市外からの転入時に、助成の資格登録の申請を行う際には、所得制限等による審査があるため、前居住地の税証明の提出が必要です。
このたび下表の医療費助成事務について、条例を改正することによって個人番号の利用が可能となり、資格登録申請時に個人番号を用いて前居住地から税情報を収集することで、税証明の提出が不要になり、市民の利便性の向上や事務の効率化が図られるようになります。

 
対象事務所管課
重度心身障がい者医療費助成事務 障がい者支援課
子ども医療費助成事務 こども家庭課
ひとり親家庭医療費助成事務 こども家庭課

 

パブリックコメントお知らせ.pdf(83KB)

 

改正の内容

 

マイナンバー独自利用パブリックコメント資料.pdf(46KB)

 

また、次の場所でも閲覧することができます。

 

  閲覧できる場所 閲覧できる日時
1 障がい者支援課 土日、祝日を除く 午前8時30分から午後5時まで
2 こども家庭課
3 市政情報コーナー
4 湊市民センター
5 大戸市民センター
6 北市民センター
7 南市民センター
8 一箕市民センター
9 東市民センター
10 北会津支所
11 河東支所

 

公表・意見募集期間

 平成29年10月19日(木)から平成29年11月17日(金)まで(必着)

 

意見を提出できる人

  次のいずれかに該当する人が意見を提出することができます。

  • 1. 市の区域内に住所を有する方
  • 2. 市の区域内に通勤、通学している方
  • 3. 市の区域内で活動する個人または団体

 

 

意見の提出方法

  • 様式は自由ですが、意見書には住所、氏名(団体名など)、電話番号を明記してください。
  • 住所又は所在地が会津若松市以外の方は、上記の3.または4.のうちで該当する区分と、学校名、法人名など、所属する団体名を明記してください。
  • 意見書.docx(16KB)
  • 意見書.odt(15KB)
  • 意見書.pdf(38KB)

 

 (留意事項)

  • 意見内容の確認が必要になる場合がありますので、必ず氏名・住所・電話番号等を記入してください。
  • 提出していただいた書面はお返しできません。
  • 個々のご意見に対し、直接回答はしませんのでご了承ください。
  • お寄せいただいたご意見やご提案を公表する際には、氏名など個人情報については公表しません。

 

意見の提出先
住所、氏名(団体名など)、年齢、性別、電話番号を明記してください。
※ 電話による受付はいたしません。
 
このページについてのお問い合わせ
  • 障がい者支援課
  • 965-8601
    福島県会津若松市栄町3番46号 栄町第二庁舎
  • 電話:0242-39-1241
  • FAX:0242-39-1430
  • メール送信ボタンメール