鶴ヶ城廊下橋が新しくなりました

2018年5月1日
 鶴ヶ城廊下橋は、本丸と二ノ丸を結ぶ大変重要な橋であると同時に、鶴ヶ城天守閣や石垣などと共に、歴史的・文化的景観を形成する重要な施設です。しかし、昭和44年3月に架設され、約50年が経過する木造橋は、部材の腐朽が進み危険な状況であったため、新しく橋を架け替えし、平成30年3月末に安全な橋に生まれ変わりました。新しい橋は国産総檜で施工し、橋の上部の高欄は会津産の漆を使用した朱色、橋を支える構造材は黒色で、以前と同じ色合いになっています。

新しくなった鶴ヶ城廊下橋の写真

 廊下橋(320ピクセル).jpg

上の写真をクリックしますと、1280×856ピクセルの写真を新しいウインドウで見ることができます。

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 「花と緑の課」
  • 電話:〔0242-39-1275〕
  • FAX:〔0242-39-1451〕
  • メール送信フォームへのリンクメール 

地図

鶴ヶ城廊下橋