(仮称)市長公舎北サテライトオフィス整備(設計・施工)事業の事業者選定結果について

2017年11月29日

案件の概要

 「スマートシティ会津若松」の取組の一環として、首都圏等の企業が利用可能なサテライトオフィスを整備するにあたり、「(仮称)市長公舎北サテライトオフィス整備(設計・施工)事業」の事業者を、次のとおり募集し、受注候補者を選定しました。

 今般、受注候補者と契約を締結しましたので、選考結果を公表します。

 なお、本事業は、設計・施工一括発注方式にて施設を整備するものです。

事業者選考結果について

 事業者の選考結果は、次のとおりです。

受注候補者名

 株式会社東北入谷まちづくり建設

(次点候補者 鈴木綜合建設株式会社)

 

選考結果表

 受注候補者選考結果票(PDF形式)(87KB)

 

募集の概要(募集は終了しました。)

 

募集する業務名

(仮称)市長公舎北サテライトオフィス整備(設計・施工)事業
参加資格・提出書類等 「公告」及び「(仮称)市長公舎北サテライトオフィス整備(設計・施工)事業事業者募集要項」をご覧ください。
選定業者数 1者
選定方法 提案公募による事業者選定

 

公募スケジュール

【公募日程】

日程 時間 内容 備考

平成29年10月10日(火)

  公募開始  
平成29年10月24日(火) 午後5時まで 「質問書」受付締切  
平成29年10月26日(木) 午後5時まで 「参加意向申出書」提出締切  
平成29年10月30日(月)   「企画提案書」受付期限

※提出方法に指定があります。

募集要項を十分確認のうえ、提出してください。

平成29年11月1日(水)

  選定委員会(ヒアリング等)  ※詳細な時間は、参加者に別途ご連絡いたします。

 

質問及び回答

 プロポーザルに関する質問については、下記のとおりです。(質問の受付は締め切りました。)

  • 提出期限:平成29年10月24日(火)午後5時必着
  • 提出様式:(様式1)質問書 ※下記の「様式」からダウンロードできます。
  • 提出方法:FAX、電子メールまたは郵送により提出してください。なお、FAX、電子メールにより提出する場合は、送信後電話にて到着を確認してください。
  • 回答方法:随時、質問者にFAXまたはメールにて回答するとともに、本サイトに掲載します。

 

質問事項への回答

質問事項への回答(PDF形式)(263KB)

番号

質問事項

回答

1 事業者募集要項 内の
2 (1)目的 に記載されている
①「会津若松市まち・ひと・しごと創生総合戦略」や「地方創生推進事業(サテライトオフィス推進事業)」により展開してきた『ワークスペースの提供』で求められてきた『高いセキュリティ』とは、実際に体験した事業所からの具体的な事例として挙がっているのでしょうか。
 そうであれば、それらに対応のため開示をお願いします。
① 『高いセキュリティ』に関しては、外部から建物内部への入退館の管理に関して、ICカードや、生体(指紋、虹彩、静脈、顔など)などにより、特定者以外の侵入が困難な認証方式を用いること、かつ、「いつ」「誰が」入退館を行っているかが記録できる仕組みの導入といった提案があった経過にあります。

2 要求水準書 内の
Ⅱ 1 基本方針 に記載されている
①数名~10数名程度が利用できるサテライトオフィス とは、単一の事業所に体験してもらう施設の整備として計画し、最大で10数名程度と判断してよろしいのでしょうか。
 複数の事業所で使用する場合は、上記の『高いセキュリティ』の確保は互いのスペースについても必要となってきます。
① この施設では、基本的に単一の事業所が利用することを想定しています。
3 要求水準書 内の
Ⅱ 2 (2)サスティナブル型スマートオフィス に記載されている
①災害時のさまざまな施設利用 については、具体的にどのような利用法を想定しているのでしょうか。
 (本施設本来の利用法以外での利用形態を含むのでしょうか。)
① 災害が発生した際には、例えば、V2H(Vehicle To Home ※1)や蓄電設備を備えている場合においては、停電時でも一定程度は電気が使用可能であるため、テレビやインターネット等での情報提供の拠点となることなどを想定しています。
 このことから、日常的にサテライトオフィスで利用している施設、設備等が災害時などにおいても活用できるような案があれば、提案をいただきたいと考えています。
※1(V2H):電気自動車への充電ができることに加えて、電気自動車から建物側への給電が可能な設備
4

要求水準書 内の
Ⅲ 6 (2)可分扱いとして計画する については
①公舎は今後も使用する予定でしょうか。
 使用するのであれば、公舎の出入りや駐車台数に計画はありますか。
 その場合、車両の出入りは南側を使用するものと判断してよろしいでしょうか。


②位置指定道路は本敷地の北西部に接しています。この位置指定道路で接道しているとして計画してもよろしいですか。①の公舎駐車場の計画しだいで、接道位置の検討が必要となります。


③現在のブロック塀は既存不適格だと思われます。
 そうである場合、塀の一部に工事が及ぶ(②の接道義務との関わり、隣地間で塀が無い部分)際には、塀全体を改修する必要があると判断してよろしいですか。

① 市長公舎は今後も使用する予定であり、現在と同様の出入りを想定しています。
なお、市長公舎の駐車場については、本事業にて整備する5台以上の駐車スペースを共有する考えです。
また、車両の出入りは、東南方向の現在駐車場となっている部分を接道及び通路として利用することを想定しています。


② 北西部の位置指定道路への接道は、現在当該道路を利用している方への配慮や、かつ、③でご質問をいただいているようなブロック塀全体の改修が必要であるため、想定していません。
 なお、要求水準書へ記載した理由は、建築基準法に基づく計画通知を提出する際など、図面への反映が必要であるためです。


③ 同上

5

要求水準書 内の
Ⅳ 1 (1)にある 移転を検討する企業等の数名~10数名が利用可能 と 打ち合わせ(交流)が可能なスペース について
①業務に必要な電力量の、具体的な数値はありますか。


②交流スペース間とのセキュリティも必要と判断してよろしいですか。

① 業務上必要な電力量の想定としては、
・10数名全員がノートパソコンを同時に利用
・複写機又はプリンタ 2~3台程度
・大型のモニター、テレビ、プロジェクター 2~3台程度
・ルーター、ハブなどのネットワーク機器の電源
・携帯電話、スマートフォン、タブレット等の充電
・照明
・冷蔵庫、電子レンジ、電気ポット、コーヒーメーカー、掃除機など、一般的にオフィスで利用する家電類
・換気、空調設備
・電話・ファクシミリ
などのものが利用できる電力を確保していただきたいと考えています。


② ワーキングスペースと交流スペースについては、整備する施設の延床面積とも関連するため、同じ室内としてパーテーション等で区切るか、別室に分けるか、より良いと思われる内容を提案していただきたいと考えています。
 また、別室に分ける場合には、各室への入退室に認証装置を設けることなどについても提案いただきたいと考えています。

 

6

要求水準書 内の
Ⅳ 2 (2)にある 床面をフリーアクセスフロアとするなど について
①サーバー等の重量機器が設置されることを想定するのでしょうか。


②免震機能を必要とするのでしょうか。


③該当する場合、①・②についてどの規格(クラス)になりますでしょうか。

① 本施設は、基本的に本拠地と離れた拠点として、テレワークといったスタイルでのビジネスを想定しているため、サーバー等の重量機器の設置は想定していません。
 なお、床面をフリーアクセスフロアとすることについては、現在整備中のICTオフィスビルについても同様であるため、本施設もコンセプトや使い勝手を合わせること、さらには将来的な何らかの拡張に備えることを理由としているものであり、一般的なOA室や事務室に用いるもの(JAFA規格3000N以上)で問題ありません。


② 建築基準法上の耐震性能は必要ですが、免震機能までを必要とするものではありません。


③については、上記①②のとおりです。

 

7

要求水準書 内の
Ⅳ 2 (5)にある (・・給電が可能な設備(※V2H)や蓄電設備・・)について
①業務に必要な範囲に給電する能力(業務を継続する能力)と判断してよろしいでしょうか。その場合、どの程度の時間(日数)でしょうか。


②又は、業務の保存(安全に終了しバックアップできる)に必要な電力と判断してよろしいでしょうか。(確保すべき電力量に差が出てきます。)

①及び② 例えば、日産LEAFから建物に電源供給が可能なEVパワーステーションでは、高機能モデルで片相40A以下(2相合計60A未満)まで、アドバンスモデル及び標準モデルでは片相30A以下(2相合計60A未満)までしか給電できないものであり、市で保有する電気自動車の蓄電容量が1台あたり24~30kWhであることからも、通常業務の全てを継続できる電力の供給までを求めるものではありません。(蓄電池についても同様。)
 そのため、停電時においても照明やテレビ・インターネットでの情報収集、湯沸し等に利用が可能な必要最小限の電力量が確保できるものとして提案いただきたいと考えています。

【参考:市役所においても災害時における電気自動車からの給電体制を整備しています。】
 災害時の停電の際には、電気自動車から給電を行うことで、市民の皆様への情報提供などを行う体制を整備しています。


■電気自動車からの給電が出来る箇所
①市民課フロアの一部の照明、情報表示用デジタルサイネージ
②河東支所ロビーの照明の一部、情報表示用デジタルサイネージ
③北会津支所市民ラウンジの照明の一部、テレビ
④水道部の照明の一部、機器類の一部
⑤市のインターネット用サーバー等
(停電時も市ホームページからの情報発信を可能にするため)

 

8

様式8 提案価格見積書 について
(2)内訳に続く表内に A設計業務、【内訳】、に続いて 施工業務 計 とあります。
①これは 設計業務 計 の誤記と判断してよろしいでしょうか。


②誤記の場合、こちらで訂正を行った様式での提出でよろしいでしょうか。

① ご指摘のとおり「設計業務 計」の誤りです。

② 訂正後の様式を市ホームページに掲載しましたので、お手数ですがこちらを利用くださいますようお願いいたします。
9 会津若松市サテライトオフィスの御案内(会津地域スマートシティ推進協議会)10ページ移住サポート 仕事(テレワーク)体験 で隣接する市長公舎をサテライトオフィスとして改修し運用していると紹介があります。
①紹介されているセキュリティ対応項目(アルソック、鍵付きロッカー)は「要求水準書」内の付帯設備で挙げたセキュリティでは無く、建物本体での対応の目安と判断してよろしいですか。(この位で良い、又は、最低限この程度は)
① 市長公舎は築90年を超えている施設であり、そもそも高セキュリティ化が困難であるため、今回整備する施設の参考となるものではありません。
 今回整備する施設のセキュリティについては、項番1及び項番5を参照いただくとともに、建物内のロッカーなども、市長公舎のものを参考にするということではなく提案をいただきたいと考えています。
10

ICTオフィス環境整備事業基本計画(平成28年4月)にて
9ページに「都市部の最先端オフィス並みの環境が利用可能、本誘致事業で実施」とあります。
①今回の整備事業は「ICTオフィス環境整備事業基本計画」で整備される施設に準じるのでしょうか。(試用のための施設であるならば)
 そうであれば、「ICTオフィス環境整備事業基本計画」で整備された内容の開示をお願いします。


②又は、「準じていない」ので「独自の判断・提案で良い」のでしょうか。

 

①及び② このサテライトオフィスの利用を基に、現在整備中の「ICTオフィスビル」への入居などへもつなげていくことを目的の1つとしておりますが、ICTオフィスビルのデザイン、イメージ等を参考にしながらも、地場産木材の活用や居心地の良い空間の提供、洗練されたオフィスデザインなど、独自の提案をいただきたいと考えています。
 なお、ICTオフィスビルのデザイン、イメージ等については、要求水準書6ページ最下部にお示ししたホームページ(http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/docs/2016052600011/)内の「 ICTオフィス整備事業進捗状況(170728).pdf(2MB)」でご覧ください。
11 水道本管から公舎への給水管径はいくつでしょうか。提示されている13mmは水道本管への接続径でよろしいでしょうか。 水道本管(100mm)に接続されている径が、13mmということで間違いありません。
12 入退室管理(セキュリティ)について
①入退室管理の方法としてネットワークカメラを活用する方法もあります。サテライトオフィスである本施設も該当(企業本部へ)しますでしょうか。

① 外部から建物内部への入退館に際して、カメラを利用した顔認証システムなどによる施錠・開錠は想定していますが、企業の本拠地等とネットワークカメラにて接続し、入退館や利用状況を監視することについては、本サテライトオフィスへの入居企業の意向によるものと考えております。

 

13 配置予定技術者の兼務について
該当資料:事業者募集要項 P8
項番10 (4) ウ 6)
 「統括責任者」は「現場代理人」など他の技術者と兼ねることができるとなっておりますが、統括責任者ではなく「主任技術者」が「現場代理人」を兼務することなどは可能でしょうか。

当該兼務については、「(仮称)市長公舎北サテライトオフィス整備(設計・施工)業務請負約款」第10条第5項のとおり、兼務が可能です。

14 椅子、テーブル、机なども含めた計画なのでしょうか?
(建設工事に含めるのでしょうか?)

椅子やテーブル、机などの購入は建設工事に含まれておりませんが、造作にて設置するものについては提案に含めていただいて差し支えありません。

15 提案価格見積書の設計業務に登記とあるのですが、旧公舎の土地の分割登記か、新築建物の表示登記か、どういう登記が必要かを教えて頂きたいです。 登記については誤記ですので、当該費用を除いた形で積算してください。

これに伴い、以下の書類について、訂正後のものを市ホームページに掲載しましたので、お手数ですがこちらを利用くださいますようお願いいたします。

【訂正部分】
・要求水準書 7ページ
 Ⅴ 設計に関する要求水準 3 設計業務
 (2) 必要な許認可・登記等の工程

必要な許認可等の工程

・提案価格見積書
 A 設計業務(設計、測量、調査、工事監理、各種申請、登記)
    ↓
A 設計業務(設計、測量、調査、工事監理、各種申請)

 

「公告」及び「(仮称)市長公舎北サテライトオフィス整備(設計・施工)事業事業者募集要項」ほか

 

「様式」

 【PDF形式】

 

【Word形式】

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 企画調整課
  • 電話:0242-39-1201
  • FAX:0242-39-1400
  • メール