會津稽古堂市民講座「コーディネーター研修会」を行いました

2017年2月24日


「コーディネーター研修会」を行いました

  「コーディネーター研修会」は、主に「放課後子ども教室」や「学校支援事業」に携わるコーディネーターを対象に展開し、社会教育や生涯学習に関する知識の習得や、学  習プログラムの作成方法、学校・家庭・地域の連携についてできることなどを学び合う形式で進めました。
  全国的に従来の公民館や教育行政は、学習機会の充実や拡充に重点がおかれ、その成果を活用した指導者の育成について十分であったとはいえません。
  現在では、公的機関により行われる教育活動として学習機会を平等に提供するため学習機会の充実や拡充はもちろん重要ですが、生涯学習活動を地域で円滑に推進 していくためには、様々な知識・技能や経験を有し実際に指導できる力量をもった指導者(インストラクター)とともに、生涯学習活動を支援・マネジメントで きる力をもった支 援者(コーディネーター)の存在とその育成が重要となっています。
  しかし、現在に至るまで、様々な分野で“指導者”“講 師”と呼ばれる人たちに対する講義や研修は行われてきましたが、市民活動についてリーダーシップをとったり、ス  ムーズに展開できるようにアドバイスをしたり、マネジメントできる人材育成事業は教育分野だけでなく、各分野でほとんどなされてきませんでした。
  本市では、様々な知識・経験・技能を有する人材(コーディ ネーター)が、社会教育行政のパートナーとして教育活動に参加していただくことで、今まで取組んできた学習効 果を活かすだけでなく、地域貢献にもつながる市民協働の事業を展開できると考え、コーディネーターと公民館職員の事業展開力強化のため「コーディネーター研修会」を 毎月開催しました。

講座の様子

   講座は講師を招いて行うのではなく、コーディネーターとして地域と学校・家庭を結び付ける中で生じた疑問や課題を解決するためにどうすればよいのか、お互いの意   見や考え、また各地区で行われている実践例などを持ち寄りながら解決に向けて話し合いを実施しました。まさにアクティブラーニングといえる形式です。

   コーディネーターは地域で活躍されている住民であり、地域のことは公民館職員よりも知っていることが多いです。そのため、地域での教育活動 ( 放課後子ども教室や

  学校支援事業 ) を展開していくうえで乗り越えなければならない課題については、社会教育主事をはじめとした公民館職員が一緒になって解決に向けて取組むことで、

  着実に社会教育事業を進展させることができました。

   今後もコーディネーターと公民館が地域からの教育ニーズをとらえ、行政職員とパートナーとなり熱意を持って取組むことで、新たな学びを提供してまいります。

コーディネーター研修会の様子1

公民館館長や社会教育主事・公民館主事とコーディネーターがタッグを組んで地域の教育に向き合います。

コーディネーター研修会の様子2

全8回のコーディネーター研修会

座談会形式でお互いの悩みや考えを出し合いました。

コーディネーター研修会の様子3

河東学園小学校で行われている放課後子ども教室。住民主体の教育活動について学び、共有しました。

Twitter および Facebook をご覧ください!

 Twitter および Facebook 上にて生涯学習総合センター【會津稽古堂】からのお知らせを発信しています。
 ぜひ、お立ち寄りください。
 Twitter 會津稽古堂 ページ ※Twitter のページにジャンプします。   ぜひ フォロー してください。
 Facebook 會津稽古堂 ページ ※Facebook のページにジャンプします。 ぜひ いいね してください。

お問い合わせ

  • 会津若松市生涯学習総合センター【會津稽古堂】
  • 電話:0242-22-4700
  • FAX:0242-22-4702
  • メール送信フォームへのリンクメール
  • 郵便番号:965-0871
  • 所在地:会津若松市栄町3番50号

地図

生涯学習総合センター