「資源物の店頭回収」 ~スーパーや家電量販店でリサイクルを!~

2018年3月26日
市内のスーパーマーケット等では、ごみの減量化・資源化を進めるため、食品トレイや牛乳パックなど、店頭に回収ボックスを設置し、積極的に資源物回収を行っている店舗がたくさんあり、回収された資源物は再商品化されるなど、再び資源として利用されています。
お買い物の際には資源物を持参して、お店に返すリサイクルにご協力をお願いします。
 
なお、回収ボックスの利用に関しては各店舗のルールに従ってください。また、店頭回収をご利用の際には、「ラベルやキャップを外す」「簡単に水洗いをする」等、マナーを守ってご利用ください。
 
※これらの店頭回収は、各店舗の自主的な取り組みですが、容器包装リサイクル法の規定に基づく国の基本方針においても、多様な回収ルートの確保や環境意識の向上のため、店頭回収の促進を図ることが望ましいとされています。
 

店頭回収の実施店舗(平成30年3月1日現在)

次のPDFファイルをクリックしてください。

 

※「会津若松市3R運動推進会議」参加事業者、及び店頭回収調査にご回答いただいた店舗の情報を掲載しています。

店頭回収のメリット

1.好きな時に出せます

店頭回収は、市の実施するごみ収集日以外の日にも出すことができます。お買い物ついでにマイバックに入れて持参しましょう。
レジ袋をもらわないようにすればリサイクルとごみ減量の二重の効果があります。
 

2.資源化が進みます

店頭回収することでペットボトルや食品トレイなどが分別されリサイクル(資源化)されますので、積極的に利用しましょう。
 
 ※詳細はご利用の各店舗にお問い合わせください。

事業者の皆様へ

店頭回収実施店舗一覧へ掲載を希望される事業者は、廃棄物対策課までご連絡ください。
本市ホームページの外、年に一度全戸配布される「ごみ資源物排出カレンダー」へ掲載しています。

出し方

ここでは一般的な出し方を紹介します。
出し方については、店舗ごとに異なる場合がありますので、詳しくは店舗のルールに従ってください。
 
  • 食品トレー

食品トレー.jpg

 

  • ペットボトル

ベットボトル.JPG

 

  • 牛乳パック

牛乳パック.jpg

 


お問い合わせ