会議の流れ

2016年11月28日

招集告示

  • 定例会が招集される場合は、市長が7日前までに告示をします。

 

本会議(招集日本会議、継続本会議)

開会

  • 議長の開会宣言により開会されます。これにより、法的に議会が活動できる状態になります。

 

会期の決定

 

案件の上程

  • 市長や議員が提出した議案などの案件を、会議の議題として審議の対象とすることです。

 

提案理由説明

  • 議案の提出者が議会に提案した理由を述べます。

 

一般質問

  • 一般質問とは、議員が、市の一般事務に対してその執行の状況又は将来の方針、政策的提言や行政への批判等を直接質問して確かめることです。

 

総括質疑

  • 議案に対する質疑です。ここでは、大綱(根本的なもの)について質疑が行われます。

 

委員会付託

  • 議案などを詳細に審議するため、議案の内容により所管する常任委員会(総務・文教厚生・産業経済・建設・予算決算)に送られます。   

 

委員会

委員間における論点抽出・整理

  • 各委員会の構成委員の間で、議案を審査する上での論点を抽出します。(これに先立ち、議員個人がそれぞれ議案の事前調査・検討や課題・論点の洗い出しを行っています。)

 

提出議案の内容説明

  • 説明員(議案を提出した執行機関側からの委員会への出席者)から委員会に対し、議案の内容を説明します。

 

論点を踏まえた説明員への質疑

  • 抽出した論点を踏まえて、議案について説明員へ質疑を行います。

 

論点の再整理・委員間討議

  • 委員間討議とは、争点となっていることについて委員同士が意見を述べ合い、議論をすることです。

 

討論

  • 委員が、表決の前に議案に対して賛成か反対の意見を表すことです。

 

表決

  • 議案に対して各委員が可否の意思を表します。

 

本会議(最終継続本会議)

委員長報告

  • 委員会で行われた審査又は調査の経過と結果について、委員長が報告することです。

 

委員長報告に対する質疑

  • 委員長報告に対する疑義を、議員が質問して確かめることです。

 

議員間討議

  • 争点となっていることについて議員同士が意見を述べ合い、議論をすることです。

 

討論

  • 議員が、表決の前に議案に対して賛成か反対の意見を表すことです。

 

表決

  • 議会の意思決定に個々の議員が参加することです。
  • 表決の結果により、議会が意思決定すること(可決、否決、同意等)を「議決」といいます。

 

閉会

  • 議会を閉じ、法的に活動能力のない状態にすることをいいます。

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 議会事務局
  • 所在地:〒965-8601 会津若松市東栄町3-46 会津若松市役所本庁舎2階
  • 電話:0242-39-1323
  • FAX:0242-39-1470
  • メール