分野別意見交換会の結果(会津若松除雪実施協力会の皆様)

2016年2月5日

 会津若松市議会政策討論会第4分科会では、市民の声を基点として当分科会に割り振られたテーマ「防災などの地域の諸問題解決に向けた地域と行政機関等との連携による新たな地域社会システムの構築について」を踏まえ、問題分析のための具体的テーマを「官民連携による降雪対策のあり方について」と設定し、調査研究に取り組んでいるところです。
 これらの議論をより深めていくためには、降雪対策の取り組みに係る本市の実態や問題・課題等の実際について、現に除排雪業務に携わる担い手の方々との意見交換を通じて、理解を深めていく必要があるとの考えに至ったことから、このたび市内の建設業者等で構成する「会津若松除雪実施協力会」との意見交換会を開催しました。

写真1.JPG
写真2.JPG
写真3.JPG

 降雪対策については、議会と市民との意見交換会でも、たびたび市民から意見・要望等が出されてきたところであり、当分科会委員で構成する建設委員会では、平成27年9月定例会における決算審査や、同年10月に実施した先進地への行政調査等を通じて、降雪対策に係る問題・課題や方策等について、継続的に議論してきた経過にあります。
 意見交換会では、地域の企業が本市の降雪対策に向けて、連携体制を構築し取り組んでいる実態が確認できた一方で、どの企業も除雪オペレーターの高齢化や担い手不足、除雪機械の維持管理等に苦慮している点なども明らかになり、このような実態も踏まえ、官民連携による持続可能な降雪対策のあり方を検討していく必要があることを確認しました。

 

 主な意見等について、報告書として掲載しましたのでご覧ください。

 

 開催概要

  • 日時 平成27年12月22日(火) 14時 ~ 16時25分
  • 場所 生涯学習総合センター 3階 研修室1
  • 主催 会津若松市議会政策討論会第4分科会
  • 参加者 会津若松除雪実施協力会(6名)

 

配布資料

 

意見交換会の報告書

 

お問い合わせ

  • 会津若松市議会事務局
  • 電話:0242-39-1323
  • FAX:0242-39-1470
  • メール