高校生ワークショップ『Design Game(デザインゲーム)』を開催しました

2019年10月9日

理想の駅前周辺について、高校生が考えました

 会津若松市では、現在、平成29年度以後のまちづくりの指針となる「第7次総合計画」の策定に向けて取り組んでいます。

 市民のみなさんと一緒に、本市の現状について認識を共有したり、未来像を描いていくために、さまざまな取り組みをしています。

 そのひとつの取り組みとして、将来の駅前広場等のあり方を考える高校生ワークショップ『Design Game(デザインゲーム)』を開催しました。

 

 当日は会津若松市内の高校生25名が参加して、4つのグループに分かれ、それぞれが考える駅前のコンセプトやテーマ、必要な施設などを話し合い、発泡スチロールでできた建物を使って、理想のまちをミニチュアの模型で再現しました。

 

集合写真

 

開催概要

高校生ワークショップデザインゲーム開催概要報告.pdf(452KB)

 

デザインゲーム(Design Game)とは?

 デザインゲームとは、手軽に扱える建物の模型を使って「街並み」について考えるワークショップ(※)です。

 テーマに沿って議論し、みんなでアイディアを膨らませて意見をまとめ、建物模型を使って街並みを表現します。
 写真と発泡スチロールを使った建物模型を並べ、リアルな街並みを再現することで、自分たちの考えるまちを立体的にわかりやすく表現するとともに、それをプレゼンテーションして人に伝えることを通して、まちづくりへの理解が深まります。

 

※ワークショップとは

 ワークショップとは、参加者が自由にそれぞれの思いやアイディアを語り合い、1人では思いつかないような面白い発見をしたり、新しい考えやアイディアを生み出す手法です。

 

プログラム

 今回は、会津若松駅前広場及び周辺地区を舞台に、「まちづくり」を体験します。

 

1. レクチャー

 

レクチャー.png

会津若松市の特性や他都市の事例などを紹介し、駅前を考える際の条件などを説明します。

2. ディスカッション

 

ディスカッション.jpg 

グループでまちづくりの方針を設定し、「まちづくりビジョン」を立案します。

3. まちなみ模型づくり

 

資料づくり.jpg 

自分たちの考えたまちづくりビジョンを、建物模型を使って目に見える形で表現します。

4. プレゼン資料作成

 写真やスケッチなどを用いながら、まちづくりビジョンを人に伝える資料にまとめます。

 

5. まちづくり提案

 

提案.JPG 

模型と資料を使って、自分たちのまちづくりを発表します。

開催日時等

  • 開催日時:平成27年10月12日(月・祝)9時00分から18時00分まで
  • 開催場所:生涯学習総合センター(會津稽古堂)研修室2・3
  • 対象者:会津若松市内の高等学校に通う高校生
  • 参加費:無料
  • 申込締切:9月15日(火)  ※申込みは終了しました
  • 申込方法:電話・ファックス・メールで下記問い合わせ先に申込  ※申込みは終了しました
    問い合わせ先:会津若松市役所企画調整課
    電話:0242-39-1201
    ファックス:0242-39-1400
  • その他:昼食は主催者側でお弁当を準備します。(アレルギー等ある方は事前にお申し出ください。)

 

募集チラシ

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 企画調整課 
  • 電話:0242-39-1285
  • FAX:0242-39-1400
  • メール送信フォームへのリンクメール