平成31年成人式を開催しました

2019年1月17日

1月13日(日)會津風雅堂にて、平成31年会津若松市成人式が執り行われ、約1,050名の新成人が出席しました。
新成人の皆様、誠におめでとうございます。
 
 ホール内.JPG
 
 
 市長あいさつ.JPG
 
 外.JPG

 成人証書授与.JPG
代表で成人証書を授与された菅家夏海さん(左)、佐藤健太さん(右)
 
 

はたちのちかい

 2人の新成人が「はたちのちかい」を発表しました。

公家 響 さん

はたちのちかい1.JPG

 本日、私達は成人式という人生の大きな節目を迎える事ができました。この様に盛大な成人式を開催して頂き誠にありがとうございます。新成人を代表し心より御礼申し上げます。 

 私達がこの日を迎える事が出来たのは、これまで温かく支えてくれた家族をはじめ、いつも応援してくれた祖父母、愛情をもって指導して下さった先生方、勉強やスポーツで共に高め合ってきた友人、20年間の中で私に関わって下さった数多くの方々のお陰だと感謝しております。私は小金井小学校、若松第四中学校を卒業し、高校は横浜高校に進学しました。今は明治大学で野球を続けております。野球をするために16歳で生まれ育った会津の地を離れましたが、幼い頃より学校で教えて頂いたあいづっこ宣言は、会津を離れ20歳となった今でも私の胸に鮮明に刻み込まれています。そこで20歳になった私は1人の成人として立派な大人になれるようあいづっこ宣言を元に三つの誓いを立てました。
 まず一つ目はありがとう、ごめんなさいを言うことです。たった一言なのですが、とても大切な言葉だと思います。意地を張って素直に言えない時もあります。ですが、思い切って言葉にすると思いが相手に伝わり気持ちが通じ合えると思います。ですのでこれが素直に言える大人になります。
 二つ目は挑戦することを辞めないことです。私は今、大学野球でこれまで経験しなかった様々な壁にぶつかっています。思う様なプレイができず嫌になり、投げ出そうとしたことも2度ありました。しかしそこで辞めては自分の為になりません。あいづっこ宣言の六つ目にもある、夢に向かって頑張ります。のように挑戦する気持ちを忘れずに今まで培ってきた精神力でこれからも頑張りたいと思います。そして将来はプロか社会人野球選手として活躍できる日まで挑戦したいと思います。
 三つ目は人として大きく成長することです。高校入学の時から始めた寮生活も今月で丸5年となります。元々は野球が上手くなる事を目標に新しい環境に飛び込みましたが、技術を磨く以前にもっと大切な事があることを野球を通じ学んでいます。集団生活の中では時間を守ることはとても大事です。先輩・後輩の上下関係。そして何よりも大切なのは相手に敬意をもって接することだと実感しています。善い人間関係があってこそ野球に集中でき、技術の向上にも繋がるということを学んできました。将来新しい環境に身をおいても相手を敬することを常に忘れず成長していきます。
 最後に私たち新成人は学業に専念する者、既に社会に出ている者、それぞれおかれている立場は違いますが人と人の繋がりを大切にし、生まれてきた事に感謝の気持ちを忘れずに、自分の命を大切にすることを誓います。
 そしてこの会津で成人式を迎えられたことを誇りに感じ、これから力強く生きていきます。
 以上、誓いの言葉とさせていただきます。

 

佐藤 遥香 さん

はたちのちかい2.JPG

 本日は成人を迎えます私どものために、このような盛大な式を開催していただき、誠にありがとうございます。20年間で私たちは、たくさんの人に出会い、家族や友人・学校の先生方など、周囲の人に支えられながらこの日を迎えることができました。
 これまでを振り返りますと、あっという間に感じます。成長と共に知識や経験が増えていき、良いことも悪いこともたくさん学びました。その中で、これからより大切にしたいことは、“感謝の気持ちを忘れないこと"です。私たちは連絡も買い物もスマートフォン1台で済んでしまうような便利な時代に生きています。そのため、なんでも“当たり前にあるものだ"と感じているのではないかと思います。美味しいご飯が食べられること・スポーツが出来ること・友人と過ごす時間など、当たり前だと思っている日常への感謝を忘れずに過ごしていきたいです。もちろん、人に対しても感謝の気持ちを持つことは大切です。感謝の気持ちがあると心に余裕が生まれます。心に余裕がないと相手からの厚意に気づくことが出来なかったり、相手に冷たく接してしまうことがあると思います。今まで自分が周囲の人から温かく接して頂いたように、私も感謝の気持ちを持ちながら人との関わりや出会いを大切にしたいです。
 現在私は、会津大学短期大学部で幼児教育を学んでおり、春から地元を離れ、保育教諭として新たな一歩を踏み出します。20年間生まれ育った土地を離れることは寂しいですが、2年間の学生生活を送る中で会津の魅力を再発見することができたことを嬉しく思います。大学で出会った他県出身の友人が「会津の食べ物は美味しいね。」「こんなに綺麗な星空は初めて見た。」など、普段から住んでいる私たちからしたら何気ないことに感動していました。私は、その言葉を聞いてとても新鮮な気持ちになり、“自分は良い所に住んでいたのだな"、と感じました。大きなショッピングセンターや娯楽施設は無いですが、そういった会津の良さに気づいてもらえたこと、自分自身が「会津は良いところだ。」と魅力を再発見できたことが嬉しく、誇らしい気持ちになりました。生まれ育った土地に誇りを持てることは、素敵なことだと思います。私たちの中には、既に地元を離れて生活している人・これから離れる予定の人・これからも会津で生活する人がいます。それぞれ環境が違う私たちですが、故郷を愛する気持ちは変わりません。私は、胸を張って「会津若松市出身です。」と言いたいと思います。
 まだまだ未熟な私たちにも社会で生きていくには“責任"という言葉がついてきます。自分で自由に選択すること・出来ることが多くなった分、私たちは責任を持たなければなりません。その自覚を持ちながら、適度に息抜きもしつつ、前に進んでいきますので温かく見守り下さい。
  この日がすべての新成人にとって素晴らしい門出となることを祈って誓いの言葉とさせていただきます。

 

平成31年会津若松市成人式に出席できなかった方へ

「平成31年会津若松市成人式」でお渡しした「成人証書」等について、当日式典に参加できなかった方(案内ハガキが届いた方)で、受け取りを希望する方は、案内ハガキを持参の上、平成31年3月29日(金)までに、教育総務課あいづっこ育成推進室まで受け取りにおいでください。
 
 

お問い合わせ

  • 会津若松市 教育委員会教育総務課あいづっこ育成推進室
  • 電話:0242-39-1304
  • FAX:0242-39-1272
  • メール送信フォームへのリンクメール