設計図書等への質問・回答 (電子入札・郵便入札共通)

2018年10月18日

(1)発注案件への質問・回答

質問への回答は、質問者に対しFAXで回答するとともに、ホームページにおいて公表します。  

第5433号  工事名:公営住宅建設事業城前団地第2棟新築工事

  質問受付日 質問内容 回答日 回答内容 備考

1

10月12日 1.図面B-01,02において「別途:道路工事(浸透施設)」とありますが、施工内容が不明です。
2.同上の浸透施設工事は、本工事に支障がありますか。
3.敷地外周部の道路側溝工事等は、本工事に支障がありますか。
4.南西角の掘削部は土留めが崩れ水も溜まっており、工事車両等による沈下が発生して本工事に支障がでませんか。
5.A-20、37、59において「集いの広場」に井戸ポンプがありますが、本工事着手時にはボーリング工事が完了していますか。
6.S-04において、N値=26以上とありますが、公営B-10のボーリングデータでは設計GL-1,750mmの位置でN値が18程度と読み取れます。不足していませんか。
7.工事着手を12月下旬として工程表を作成してよろしいでしょうか。
10月15日 1.浸透施設工事については、道路等の雨水排水を処理するための、コンクリート製の浸透桝(W2000×D2000×H2600)2基を設置します。
2.浸透施設工事については、来年度発注予定の道路工事で施工しますので、工程等の調整が必要になります。
3.道路側溝工事等については、来年度発注予定の道路工事で施工しますので、工程等の調整が必要になります。
4.南西角の掘削部については、現在、教育委員会文化課で埋蔵文化財の発掘調査を行っているところであり、本工事に支障がないように埋戻しを行います。
5.井戸ポンプについては、設計図A-59により、さく井設備工事は別途発注の給排水衛生設備工事で施工しますので、本工事着手時には完了していません。
6.設計図S-04の地質調査図に記載されている基礎形状は概略図であり、設計図A-27の基礎下の捨コンを含む砕石地業底部を支持地盤としていますので、不足していません。
7.本件の契約は、議決が必要となるため、仮契約締結後、12月市議会定例会へ議案として提案する予定です。現時点においては、12月市議会の日程は決定しておりませんが、過去の例から推定すると本件に係る議決日(工期の始期)は12月中旬から12月下旬と想定されます。
-

2

10月16日

1.制限付一般競争入札公告に記載の工期について、契約締結の日からの着工となっておりますが、具体的に着工できる日は、いつですか。

2.A-03 特記仕様書 3土工事 建設発生土の処理について、受け入れ場所が吉田骨材店(北会津)となっております、受入不可となった場合は、別途変更協議可能ですか。

3.地下埋設物が発生した場合、別途協議可能ですか。

4.敷地周囲の道路整備工事の発注時期について、ご指示願います。

10月17日

1.上記の回答内容7と同様です。

2.建設発生土の処理について施工条件に変更がある場合には、会津若松市工事請負契約約款第18条の規定に基づき対応します。

3.地下埋設物が発生した場合は別途協議が可能です。

4.道路工事については、平成31年5月頃の発注を予定しています。

 

3

10月16日

1.図番A-18、27仕上表では洗面脱衣室の床下地はビーズ法ポリスチレンフォーム2号t=95、下地モルタルt=13となっていますが、矩計では吹付硬質ウレタンフォームとなっています。吹付硬質ウレタンフォームで施工すると考えてよろしいでしょうか。

2.図番A-19地下ピットの床水勾配は基礎土間コンクリートの厚みで勾配を調整するのでしょうか。又は防水モルタル等で勾配を調整するのでしょうか。その場合防水コンクリートや防水モルタルの割増は計上されているのでしょうか。

3.図番A-20、27共用廊下の床排水の竪樋について、2階及び埋設部は90度曲管で1階部はチーズで接続と考えています。よって接続部材が一か所で3個必要になります。この部材は設計書の鋼管樋の中に計上されているのでしょうか。

4.図番A-21、2階バルコニーには避難用ハッチは不要でよろしいのでしょうか。

5.図番A-22屋上ウレタン塗膜防水(X1絶縁工法)について。X1工法においても数種の仕様があります。詳細仕様についての指示はあるのでしょうか。

6.図番A-26、38のDKのPS点検口の材質、仕上げ等の仕様について指示願います。

7.図番A-26地下ピット内の断熱材について、吹付硬質ウレタンフォームA種1となっていますが、同種板材のウレタンフォームをコンクリート打込みとしてよろしいのでしょうか。

8.図番A-58、SUSタラップの取付高さはGL+2000でよろしいでしょうか。

9.図番B-01、周辺道路の排水側溝に雨水配管が接続することから側溝が先行されていることが理想ですが、道路側溝の敷設予定はいつごろでしょうか。また同時進行の場合仮囲い等の設置に支障はないでしょうか。

10.図番B-02、敷地南側の高麗芝張りについて、敷地境界線で芝の張り終わりとする場合、縁石等の構造物はなしと考えてよろしいでしょうか。

11.図番-12、66、S-15基礎掘削はオープンカットとなっていますが、東西の敷地境界からの建屋の離れが狭いため、仮囲いの控えが取れずに掘削に影響があると考えられます。よって土留めを仮設計画した場合は協議対象となるでしょうか。

 

 

10月18日

1.洗面脱衣所の床下断熱については、吹付硬質ウレタンフォームA種1になります。

2.地下ピットについては、土間コンクリートで水勾配を調整することになります。
3.共用廊下の竪樋については、建築関係工事積算基準(福島県土木部)により接続部材を含んでいます。
4.2階バルコニーの避難用ハッチは不要です。
5.防水工事については、国土交通省大臣官房官庁営繕部監修「公共建築工事標準仕様書」に基づくX-1(絶縁工法)の仕様を満たしていれば、支障ありません。
6.PS点検口については、アルミ製(設計書P22に記載)で、仕上げはクロス貼りになります。
7.地下ピット内の断熱材については、設計住宅性能評価を受けているため、吹付硬質ウレタンフォームA種1での施工になります。
8.ステンレスタラップの取付高さは、GL+2000になります。
9.道路工事については、平成31年5月頃の発注を予定しており、側溝敷設及び仮囲い撤去の時期は、工程等の調整が必要になります。
10.南側敷地境界線には、縁石等の構造物は設置しません。
11.根切り工事については、建築関係工事積算基準(福島県土木部)に基づき設計積算しており、仮囲いの設置は可能であると考えていますが、掘削に影響がある場合は協議の対象となります。

 

 

 

(2) 質問書の提出方法

設計図書等についての質問は、各公告に定められた期限までにファックス又は電子メールで提出してください。

  • 質問書の送付先 会津若松市契約検査課
  • ファックス:  0242-39-1413
  • メール: keiyaku■tw.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp
  •  (※迷惑メール対策をしております。送信の際は上記アドレスの■を@に置き換えて送信してください。)
  • 質問書の様式については、市指定様式とします。下記のリンク先からダウンロードできます。

 

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 契約検査課
  • 電話:0242-39-1212  工事検査グループ、入札契約グループ(物品・一般委託担当)
  • 電話:0242-39-1217  入札契約グループ(工事・工事関係委託担当)
  • FAX:0242-39-1413
  • メール送信フォームへのリンクメール