還付金詐欺にご注意を!

2022年11月24日

  毎年、年末にかけて、会津若松市役所職員等をかたる「還付金詐欺」の被害や予兆電話が急増します。

  還付金詐欺とは、市役所などの公的機関の職員を名乗って電話をかけ、税金や医療費等の還付目的でATMに誘導し、指定口座に送金させて金銭をだまし取る、詐欺の手口です。

 

 

具体例

  • 市役所の職員を名乗る男から電話があり、「介護保険の過払いがあるので、口座情報を教えてほしい。」と言われたので断ったところ電話を切られた。
  • 「医療費の還付金があるので、取引している銀行を教えてほしい。あとから、その銀行の者が電話をする。」と言われ、その後、銀行職員を名乗る者から電話がかかってきて、「ATMでの手続きが必要だ。」とATMに誘導された。

 

気を付けるポイント

  • 市役所の職員を名乗る人から「還付金があるのでATMに行って」と言われたら、還付金詐欺を疑いましょう。
  • 市役所の職員が、電話で医療費や税金等の還付手続きを説明したり、直接ATMへ行くよう誘導したりすることはありません。
  • ATMの操作で相手からお金が振り込まれることはありません。
  • 還付金詐欺が疑われる電話がかかってきたら、市役所の担当課または会津若松警察署へご相談ください。

 

詳しくはこちらもご覧ください。
 

困ったときや不安に思ったときは消費生活センターへ

  • 会津若松市消費生活センター
  • 住所:会津若松市追手町2-41 会津若松市役所追手町第二庁舎1階
  • 電話:0242-39-1228
  • 受付時間:8時30分から17時まで

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所  環境生活課
  • 電話:0242-39-1221
  • FAX:0242-39-1420
  • メール送信フォームへのリンクメール