次世代へ引き継ぐ公共施設~公共施設マネジメントの取組~

2019年5月15日

地区の公共施設を考えるワークショップ1.jpg 地区の公共施設を考えるワークショップ2.jpg 公共施設シンポジウム.jpg 公共施設セミナー.jpg 

 市では、これまで、人口増加や高度経済成長に伴い、様々な公共施設を整備・管理し、市民サービスの向上と都市機能の充実に努めてまいりました。

 今後、それらの公共施設も老朽化が進み、修繕や大規模な改修などが増えてくる一方で、人口の減少や社会保障関係費の増加などが見込まれます。

 このため、今後、適正な公共サービスの提供と施設の安全性を確保し、計画的な維持補修や改修により長期的に財政負担を平準化していくため、施設の効率的な管理運営や徹底した安全管理、長寿命化、複合化などといった公共施設全体の適正な管理・整備が必要です。

 また、この取組を進めるにあたり、公共施設を取り巻く課題とともに、今後の公共施設全体の整備や管理、有効活用などの方向性について、市民の皆様と共有していくことが重要です。

  このことから、市では現在、これらの課題の解決と将来のまちづくりに向け、市民の皆様との協働により、次世代へ過度な負担を残さず、良質な公共施設を引き継ぎ、将来にわたり持続可能な公共施設サービスを最適化する「公共施設マネジメントの取組」を進めています。

 皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

※公共施設マネジメント・・・最適な公共施設サービスと財政運営を両立させながら、公共施設を総合的かつ統括的に企画、管理及び活用する仕組み

目次(取組項目)

上へ(トップ)

 

「ファシリテーション講座」を開催します(令和元年6月29日、7月7日)

趣旨・目的

 町内会活動や仕事、学校などの様々な場面における「会議、打ち合わせ、ワークショップ」など、複数の人が話し合って物事を進めていく際に活用できる技術「ファシリテーション講座」を開催いたします。

 詳細は、下記ページをご覧ください。

 

 

「公共施設再編の考え方(方針)」・「公共施設保全計画」を策定しました(平成31年3月)

趣旨・目的

  市が保有する建物系公共施設(ハコモノ)について、施設総量の最適化や施設の長寿命化を進めるため、用途別や地域別での施設再編を検討する際の方針となる「公共施設再編の考え方」並びに、予防型の維持保全の実施計画となる「公共施設保全計画」を策定しました。

   詳細は、下記ページをご覧ください。

 

 

「地域づくりセミナー」が開催されます(平成31年2月10日、2月11日)

趣旨・目的

 「地域づくり」活動のさらなる推進に向け、地域活動の拠点となる公共施設の利活用の先進事例や、これまでの地域活動の成果、今後の地域活動のあり方などについて学ぶセミナーが、2日間に渡り開催されます。

上へ(トップ)

 

「3地域における住民自治推進並びに公共施設の有効活用に向けたワークショップ」を開催しました(平成30年8月~10月)

趣旨・目的

 8月4日から10月6日にかけ、北会津・河東・湊の3地域合同で、「地域づくりワークショップキャラバン」と題し、地域の課題の解決や魅力の創出に向け、人材、産業、自然環境といった地域資源や、現在及び今後必要となる地域活動の洗い出し、掘り起こしを行いながら、地域に必要な活動やその拠点である公共施設の活用方法、最適な機能の配置などについて考える住民ワークショップを開催しました。

  上へ(トップ)

 

「施設カルテ」を公表しました(平成29年11月1日)

趣旨・目的

 市民の皆様と、本市が所有するすべての公共施設の情報を共有する目的で、各施設の様々なデータをグラフや数値等で見やすくまとめた「施設カルテ」を作成しました。

 詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

 

行仁小学校の改築に向けた地区検討会を開催します(平成29年11月5日、11月6日、11月7日)

趣旨・目的

 行仁地区の各公共施設は、行仁小学校をはじめ、建設から相当の年数が経過しており、改築や修繕等が必要となっています。

 行仁小学校の改築にあたっては、地域の皆様の声を聞きながら検討していきたいと考えております。
 今回は、新しく整備する施設のイメージ模型等を使用し、改築される行仁小学校のイメージを深めていただいたうえで、意見交換を行いたいと考えております。
 ぜひご参加ください。(詳細は下記リンク先を参照)

 

行仁小学校の改築に向けた地区検討会を開催しました(平成28年12月19日、平成29年1月25日、2月6日)

趣旨・目的

 行仁地区の各公共施設は、行仁小学校をはじめ、建設から相当の年数が経過しており、改築や修繕等が必要となっています。

 そこで、行仁小学校の改築を行うにあたり、行仁地区の各公共施設との複合化も含めた、地域の拠点施設としての整備について検討してまいりたいと考えており、今年度は、下記日程で、地域の皆様と情報の共有、意見交換を行う検討会を開催しました。
 

市政だより「(特集)一緒に考えよう、これからの公共施設」 (平成29年11月1日)

趣旨・目的

 平成28年8月に策定した「公共施設等総合管理計画」の内容や今後の取組について紹介しました。

 上へ(トップ)

 

公共施設等総合管理計画 (平成28年8月)

趣旨

 道路や上下水道、学校、公民館などの公共施設等(※)について、健全な財政運営のもと、適切に維持管理し、最適な公共サービスを提供する必要があります。ま た、公共施設等の現状を、市民の皆様とともに共有し、これからの公共施設等の整備や管理、有効活用について、ともに考え、実践することが重要です。
 このため、全ての公共施設等を対象として、その総合的な管理の基本的な考え方を示す「会津若松市公共施設等総合管理計画」を策定しました。
 ※公共施設等…本市が所有もしくは管理している全ての建物系公共施設及び社会基盤系公共施設を対象とします。

 

目的

 良質な公共施設等を引き継ぎ、最適な公共サービスを提供していくため、将来のまちづくりの方向性を見定めた上で、本市が所有又は管理する全ての公共施設等を、総合的かつ計画的に整備し、管理、有効活用していくことを目的とします。

 

公共施設等総合管理計画.pdf(5MB)

 平成28年7月15日から8月15日まで実施しました公共施設等総合管理計画(素案)に対するパブリックコメントの実施結果は、以下のとおりです。

上へ(トップ)

地区における公共施設のあり方について考えるワークショップを開催しました(平成27年10月24日、11月1日)

趣旨・目的

 本市では、現在、平成29年以後のまちづくりの指針となる「第7次総合計画」の策定に向けて取り組んでいます。

 新たな「総合計画」に、市民の皆様のアイデアやご提案を反映するため、各地区ごとにテーマを設定しワークショップを開催しました。
 その開催や参加者募集の状況については、こちらをご覧ください。
 このなかで、下記地区では、小学校を中心に、地区における公共施設のあり方について考えるワークショプを開催しました。
 

行仁地区市民ワークショップ


  • 日時  第一回:平成27年10月24日(土)9時30分~
         第二回:平成27年11月1日(日)9時30分~(※全2回のプログラムです)
  • 会場  行仁小学校体育館
  • テーマ 「みんなで考えよう!わくわくする行仁小学校!!」~未来の行仁小学校を創るワークショップ~
  • 募集人数  40名程度 ※応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。
  • 対象 行仁地区にお住まいの市民の方(小学5年生以上)
  • 応募方法  申込書に必要事項を記入のうえ、直接持参あるいは郵送、ファックス、電子メール等で企画調整課に提出してください。
            お子様やお孫さん、ご友人等とお誘い合わせのうえ、お気軽にご参加ください!
  • 行仁小学校ワークショップチラシ(兼申込書).pdf(312KB)

公共施設マネジメント市民シンポジウムを開催しました (平成26年11月7日)

趣旨・目的

 全国及び本市の公共施設の現状と課題、公共施設マネジメントの取組について、市民の皆様と一緒に理解を深め、今後の公共施設の管理や活用について共に考えるため、下記のとおりシンポジウムを開催しました。
 当シンポジウムの詳しい情報や参加申込については下記をご覧ください。

 上へ(トップ)

市政だより「(特集)次世代へ引き継ぐ公共施設」 (平成26年11月1日)

趣旨・目的

 本市の公共施設の課題や市民アンケートの集計結果、今後の公共施設のあり方・方向性を示す「公共施設マネジメント基本方針」、市民シンポジウムの概要についてお知らせしています。

 上へ(トップ)

公共施設マネジメント基本方針 (平成26年10月)

趣旨・目的

 建物がある全ての公共施設(公共建築物)を対象として、それらを取り巻く課題について市民の皆様と情報を共有します。
 また、市民の皆様との協働により、次世代に過度の負担を残すことなく、良質な公共施設を引き継ぎ、将来にわたり持続可能な公共施設サービスを最適化していきます。

 

全ての公共施設における今後の整備や管理運営、有効活用などの基本的な指針

  • 方針1 施設情報の共有と効率的で安心な施設管理
  • 方針2 施設の長寿命化と安全性・機能性の向上
  • 方針3 施設機能・施設総量の最適化と既存施設の有効活用

 

 上へ(トップ)

公共施設に関する市民アンケート結果報告 (平成26年8月)

趣旨・目的

 市民の皆様の公共施設の利用状況や公共施設の老朽化などに対する問題意識を把握しました。
 また、今後の公共施設の活用などに関するご意見やご感想をいただき、今後の公共施設の管理や運営、改修、建て替えの方向性について検討する基礎資料として活用しています。(平成26年1月に当アンケートを実施しました。)

 市民アンケート結果の詳細は下記よりご覧いただけます。

 上へ(トップ)

公共施設マネジメントセミナーを開催しました (平成26年1月21日)

趣旨・目的

 全国の公共施設の現状と課題、今後の活用について、市民の皆様と一緒に理解を深めるため、下記のとおりセミナーを開催しました。
 当セミナーの様子や当日配布資料は下記よりご覧いただけます。

 上へ(トップ)

公共施設マネジメントアドバイザー (平成25年12月~平成29年3月)

趣旨・目的

 公共施設マネジメントの取組に関する学識経験を有する大学教授等を有識者アドバイザーとして招聘し、今後の公共施設のあり方検討や公共施設マネジメント基本方針の策定等に対し助言等いただき、その取組を最適化していきます。

小松 幸夫 氏 早稲田大学 創造理工学部 建築学科 教授
堤 洋樹 氏 前橋工科大学 工学部 建築学科 准教授
李 祥準 氏 関東学院大学 建築・環境学部 専任講師

  上へ(トップ)

 

公共施設白書~公共施設の現状について~
(平成25年2月、かわら版:同年6月、用途別施設の市政だより連載記事:同年7月~平成26年10月)

趣旨・目的

 本市の公共施設について、総合的な視点から現状を把握・分析し、市民の皆様と情報を共有しました。
 また、今後の公共施設の適正な配置と効果的・効率的な管理運営を検討する基礎資料として活用しています。
 公共施設白書の詳細やその概要版となる「かわら版」、用途別施設の市政だより連載記事については、下記よりご覧いただけます。

 上へ(トップ)

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 企画政策部企画調整課
  • 住所:〒965-8601 会津若松市東栄町3番46号
  • 電話:0242-39-1285(直通)
  • FAX:0242-39-1400
  • メール