個人情報(USBメモリ) の紛失について

2014年7月22日

個人情報(USBメモリ) の紛失について

     平成26年6月27日(金)に会津若松市内中学校職員がUSBメモリを入れた保管袋を紛失した。その後、同僚と職員室をはじめ校内を捜したが見つからず、同校は会津若松警察署に遺失届を提出した。なお、現在のところ個人情報の漏えいは確認されておらず、引き続き発見に全力を尽くしている。
 
 
 1 紛失が確認された日 平成26年6月27日(金)14時40分頃

 2 当該職員        会津若松市立中学校 40代女性教諭

 3 事案の概要
 平成26年6月27日(金)当該職員が職員室においてパソコンでUSBメモリを使い事務処理を行った。その後授業等で職員室を出て再び職員室に戻りパソコン処理をしようとしたところ、昨年度2年生の社会科の成績等個人情報データを記録したUSBメモリを入れた保管袋を紛失したことに気づいた。同日以降、同僚と職員室をはじめ校内を捜したが見つからず、6月30日(月)学校長に報告した。
 なお現在のところ個人情報の漏えいは確認されておらず、引き続き発見に全力を尽くしている。その後同校は、会津若松警察署に遺失届を提出した。

4 事案発生後の対応
 学校においては、全校あげて発見に全力を尽くしており、生徒には7月7日(月)学年集会を開いて校長が謝罪等を行い、翌8日(火)当該学年保護者に対し、経過説明を行うとともに校長はじめ全職員で謝罪した。
 教育委員会においては、7月8日(火)臨時校長会を開催し、経過の説明を行うとともに個人情報管理の再認識、再発防止策の取り組みの周知徹底を図った。

お問い合わせ

  • 会津若松市教育委員会 教育総務課
  • 電話:0242-39-1302
  • FAX:0242-39-1460
  • メール送信フォームへのリンクメール