創意工夫で頑張る農業者等を支援します!農村活性化プロジェクト支援事業 第2次募集!

2018年5月15日
 

平成30年度農業活性化プロジェクト支援事業 第2次募集のお知らせ

 

 市では、農業人口の減少・高齢化、原発事故による風評など、農業を取り巻く厳しい情勢のなかでも、創意工夫により頑張ろうとする農業者や農業組織、集落の活動に補助金を交付し支援します。 
 ※今回は平成30年度内実施に関する事業の要望調査になります。
 
 正式な申請手続きについては、調査票を提出後、必要書類を送付いたします。(補助金交付には審査等があります。)

 農業活性化プロジェクトチラシ・要望調査票(第2次募集)(687KB)

事業補助基準

事業目的

  • 本市の農業・農村の活性化又は地域の農業振興に結ぶつく事業であること。
  • 意欲と創意工夫が生かされた施策・事業が展開されるものであること。
  • 将来にわたり活性化・農業振興が図られるものであること。
  • 他の農業者・農業団体の模範となるものであること。

事業対象者

  • 農家基本台帳登載者(専業、兼業を問わない。)
  • 認定新規就農者(補助事業の事業完了予定期限までに認定が見込まれる者を含む。)
  • 農家基本台帳登載者、又は認定新規就農者を構成員として含む団体(任意の団体を含む。)

補助対象経費

  • 報償費(指導・助言等を行う専門家等に対する謝金)
  • 旅費(指導・助言等を行う者の旅費及び事業を実施する際に必要な旅費)
  • 委託料(ホームページ制作委託料、調査委託料等)
  • 広告宣伝費(チラシ及びパンフレット作成等広告宣伝に関する経費)
  • 構築物・機械装置費(構築物・機械装置及び設備等の購入、リース、レンタル等の経費)
  • 諸経費(事業を推進するために必要な事務費、通信運搬費等)
  • 上記以外の費用で、特に事業の実施に必要と認められる経費

補助対象として認めない経費

  • 会議等における食料費
  • 既存施設、設備等の改修・更新、拡充のみの事業にかかる経費
  • 団体構成員等に関する人件費(賃金等)
  • その他、補助対象事業を実施するために直接必要とは認められない経費、補助対象として不適切と認められる経費

他の補助制度(国・県補助等)で対応できるものについては、その適用を原則とする。

補助金額

  • 補助対象経費の2分の1以内とする。(補助金額は、千円未満切捨てとする。)
  • 予算の範囲内で50万円を限度とする。
  • ただし、他の本市の補助事業に該当する場合は、事業費の2分の1以内において、当該補助事業に該当した場合の補助率と比較して、いずれかの低い方の額とする。
  • 事業により会費、広告料等収入があった場合は、その収入金額を会費からその額を差し引いた額の2分の1以内の額が補助対象額となる。

補助金の交付回数

  • 同一事業者に対し通算して3回を限度とし、その都度申請に基づく審査により決定する。
  • ただし、同一事業に対する補助は一回限りとする。
  • 次のいずれかに該当するものは、同一の事業者とみなす。
    • 代表者が同一のもの
    • 事業構成員の過半数が重複するもの
    • 補助金の振込先が同一のもの
  • 補助金交付決定後、自己都合により事業を中止または廃止した場合においても交付回数に加える。
  • 事業種別

 

プロジェクト種別  活動例
地産地消プロジェクト 田舎・伝統料理等の普及推進、漬物・味噌等の加工、直売活動等
地場産品ブランド化プロジェクト 地域特産品の生産振興、加工・流通・販売活動等
交流体験プロジェクト 農業体験受入れ、農家民泊推進のための施設整備・啓発宣伝活動等
環境保全プロジェクト 食品残さ堆肥化、耕作放棄地の利活用活動等
情報管理プロジェクト 生産・流通・販売等に関する情報提供活動等
6次産業化プロジェクト 農業者が農産物の生産だけでなく、食品加工等の第2次産業や流通販売等の第3次産業までを一体的に取り組む活動等

 

 

IT農業
 
  • 平成29年度の実績(3件の取組を支援しました。)
    • 機能性葉物野菜水耕栽培実践事業による里山式水耕栽培設備導入費用
    • 自然栽培米「会津春泥」のブランド化とブランド化を活かした米と酒の販売事業による商標登録申請や業務用冷蔵庫、桐製品開発費用
    • 会津茶豆ブランド化事業による収穫機械導入費用
  • 提出期限:平成30年6月20日(水)締切り
  • 募集チラシ兼調査票については下記よりダウンロードしてください。

お問い合わせ・お申し込み

  • 会津若松市役所 農政課農業活性化グループ
  • 電話:0242-39-1253
  • FAX :0242-23-8180
  • メール送信フォームへのリンクメール

関連ワード