指定(介護予防)地域密着型サービスに係る条例・要綱について

2019年4月22日


指定(介護予防)地域密着型サービスに係る条例・要綱について
 介護保険法(平成9年法律第123号)の改正に伴い、指定地域密着型サービス事業者の指定並びに地域密着型サービスの事業に係る基準(介護予防を含む)を定めるため、下記のとおり条例を制定しました。 (平成25年4月1日施行 平成30年4月1日改正)
 

会津若松市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備、運営等の基準に関する条例

 地域密着型介護老人福祉施設の居室定員など2つの項目について、市の独自基準を定めており、それ以外の基準については、現行の厚生労働省令と同じ基準です。

 

  会津若松市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例(平成24年12月25日条例第33号).pdf(497KB)

   

市独自基準 

  • 地域密着型介護老人福祉施設の居室定員(第154条第1項)
    1人とする。ただし、利用者への介護の提供上必要と認められる場合は、2人とすることができる。また、プライバシーの保護に十分に配慮されたしつらえの場合は、4人以下とすることができる。
  • 記録の整備
    事業者は、事業所での介護計画、提供サービスの内容の記録、身体拘束等に関する記録、苦情の内容等の記録、発生した事故に関する記録を5年間保存する。

 

厚生労働省令と条例の対照表 

地域密着型条例・基準省令条名対照表(2018.4から).pdf(16KB)


 

会津若松市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営、指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法等の基準に関する条例

記録の保存年限など1つの項目について、市の独自基準を定めており、それ以外の基準については、現行の厚生労働省令と同じ基準です。

 

会津若松市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例 (256KB) 

 

市独自基準

  • 記録の整備
    事業者は、事業所での介護計画、提供 サービスの内容の記録、身体拘束等に関する記録、苦情の内容等の記録、発生した事故に関する記録を5年間保存する。

 

厚生労働省令と条例の対照表

地域密着型条例・基準省令条名対照表(介護予防)(2018.4月から).pdf(16KB)

 

条例に関する各種要綱について

 
 現行の厚生労働省令では、「厚生労働大臣が定める」と規定している厚生労働大臣委任事項については、別途厚生労働省告示に定められております。本条例においても同様に対応し、条例において「市長が定める」と規定した事項について、別途本要綱に定めるものです。なお、厚生労働省令と同じ基準としています。
 
 (平成25年4月1日施行)
 

指定地域密着型サービス事業及び指定地域密着型介護予防サービス事業の人員に関する資格及び研修を定める要綱

指定地域密着型サービス事業及び指定地域密着型介護予防サービス事業の人員に関する資格及び研修を定める要綱(46.1KBytes)

 

  • 現行の告示                                                                                                指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準及び指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準に規定する厚生労働大臣が定める者及び研修(平成24年厚生労働省告示第113号)

     「指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準及び指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準に規定する厚生労働大臣が定める者及び研修」に規定する研修について(平成24年3月16日老高発0316第2号・老振発0316第2号・老老発0316第6号) 
  • 本要綱に対応する条文
     会津若松市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例
      第7条第2項(定期巡回)、第48条第2項(夜間対応)、第63条第2項(認知デイ)、第83条第11項(小規模多機能型)、第84条第3項(小規模多機能型)、第85条(小規模多機能型)、第111条第6項(グループホーム)、第112条第2項(グループホーム)、第113条(グループホーム)、第193条第9項(看護小規模多機能型)、第194条第2項(看護小規模多機能型)、第195条(看護小規模多機能型)
     
     会津若松市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例
      第7条第2項(認知デイ)、第45条第11項(小規模多機能型)、第46条第3項(小規模多機能型)、第47条(小規模多機能型)、第72条第6項(グループホーム)、第73条第2項(グループホーム)、第74条(グループホーム)

 

指定地域密着型サービス事業及び指定地域密着型介護予防サービス事業における居住、滞在及び宿泊並びに食事の提供に係る利用料等に関する指針を定める要綱

 指定地域密着型サービス事業及び指定地域密着型介護予防サービス事業における居住、滞在及び宿泊並びに食事の提供に係る利用料等に関する指針を定める要綱(66.0KBytes)

  • 現行の告示
     居住、滞在及び宿泊並びに食事の提供に係る利用料等に関する指針(平成17年厚生労働省告示第419号)
  • 本要綱に対応する条文
     会津若松市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例
      第69条第4項(認知デイ)、第91条第4項(小規模多機能・看護小規模多機能型)、第158条第4項(特老)、第183条第4項(特老ユニット型)

     会津若松市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例
      第23条第4項(認知デイ)、第53条第4項(小規模)

指定地域密着型介護老人福祉施設による入所者等が選定する特別な居室等の提供に係る基準等に関する要綱

 
  • 現行の告示
     厚生労働大臣の定める利用者等が選定する特別な居室等の提供に係る基準等(平成12年厚生省告示第123号)
  • 本要綱に対応する条文
     会津若松市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例
     第158条第3項第3号(特老・居室)、第158条第3項第4号(特老・食事)、第183条第3項第3号(特老ユニット型・居室)、第183条第3項第4号(特老ユニット型・食事)

 

 指定地域密着型介護老人福祉施設による感染症又は食中毒の発生が疑われる際の対処等に関する手順を定める要綱

 
  • 現行の告示
     厚生労働大臣が定める感染症又は食中毒の発生が疑われる際の対処等に関する手順(平成18年厚生労働省告示第268号)
  • 本要綱に対応する条文
     会津若松市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例
     第173条第2項第4号(特老・特老ユニット)

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所  高齢福祉課(栄町第二庁舎)介護保険管理グループ
  • 電話:0242-39-1242
  • FAX:0242-39-1431
  • メール送信フォームへのリンクメール