第13回ごみ処理施設見学会(ごみ収集車を追いかけよう)を開催しました

2019年8月9日

実施概要

令和元年7月25日(木)、26日(金)の2日間にかけて、毎年恒例の夏休みイベント、ごみ処理施設見学会(ごみ収集車を追いかけよう!!)を開催しました。
市内在学の小学生と保護者を対象に、実際にごみ収集車を追いかけて、ごみステーションから最終処分場までの処理の行程や分別方法を学んでいただくとともに、今回も市内の民間事業所にご協力いただき、古紙類リサイクル工場を見学しました。
 

ごみ処理施設見学会(ごみ収集車を追いかけよう!!)

内容

  • 開催日:令和元年7月25日(木)、令和元年7月26日(金) ※両日とも同じ内容
  • 時間:9:00~12:00(午前の部) 、13:30~16:30(午後の部) ※午前、午後とも同じ内容
  • 場所:ごみ焼却施設ほか会津若松地方広域市町村整備組合環境センター)
  • 参加人数:延べ90名(25日/午前24名、午後20名)(26日/午前25名、午後21名)
 

見学の様子

 

ごみ収集見学・ごみ焼却施設見学

 

  • ごみ収集車を追いかけながら、ごみ焼却施設を見学しました。

収集車の間近に集まり、ごみを巻き込みながら、積み込む瞬間を見たり、安全のための緊急停止ボタンがあることを知ったり、収集車の名前(パッカー車)を覚えたり、みんな熱心に勉強していました。

また、収集車の構造や、どのくらいの量を積めるか、質問するなど、理解を深めました。

ごみ焼却施設では、焼却炉やリサイクルの仕組みを勉強したり、実際に火がついているところも、ライブ映像で見ることができました。

集まった沢山の燃やせるごみを大型のクレーンで持ち上げる様子は迫力満点!!

 

01ごみ収集見学ごみ収集見学1
02ごみ収集見学ごみ収集見学2
03ごみ焼却場見学 ごみ焼却施設見学1
 04ごみ焼却場見学ごみ焼却施設見学2
 

古紙類リサイクル場見学

  • 市内の民間事業所の古紙類リサイクル場で、段ボール、新聞、雑誌などのリサイクル作業を見学しました。

リサイクル場に集まってくる段ボールや新聞などの量に驚き、リサイクルすれば、ごみにはならず、“また同じものなどに生まれ変わる”ことを勉強しました。

 

 
 05古紙類リサイクル場見学 古紙類リサイクル場見学1
06古紙類リサイクル場見学古紙類リサイクル場見学2
 07古紙類リサイクル場見学古紙類リサイクル場見学3
 

分別体験ゲーム

  •  チームに分かれて、ごみ分別体験ゲームを行いました。

古紙類リサイクル場の見学後は、ごみの分別体験ゲームで、分別方法を勉強しました!

これでみんな分別マスター!お家に帰ったら、家族みんなに教えてあげよう!!

 

 
08分別体験ゲーム分別体験ゲーム1
09分別体験ゲーム分別体験ゲーム2
10分別体験ゲーム分別体験ゲーム3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

見学会を振り返って(ごみを減らすために何ができるのか)

普段、自分が出した「ごみ」や「資源物」のことを考える機会は、とても少ないと思います。
それは、毎日休まず、ごみの収集業者さんが私たちが出した「ごみ」や「資源物」を収集し、その後、処理施設で、ごみを燃やしたり、リサイクルしている人たちがいるからです。
今日は「ごみの出し方」や「リサイクル」について、考えるよい機会でした。
しかし、一方で問題もあります。
現在のごみ焼却施設の老朽化により、今後、新たなごみ焼却施設の整備が必要となります。
ごみ焼却施設や最終処分場(埋立地)を長持ちさせるためには、ごみを減らすことが一番の解決策です。
会津若松市は、平成23年度以降、ごみの量が増えていましたが、最近では、少しずつですが、減ってきています。
“ごみを減らすために何ができるのか”、この見学会を通して、お子さんだけでなく、家族みんなで考え、実践していきましょう!!
 

見学会参加者の声

◎アンケートにご協力いただいた感想等は次のとおりです【抜粋】
  • ごみ収集車(パッカー車)の説明が詳しくて良かった。
  • 普段見れない場所を見学できたので良かった。一日にこんなにも沢山のごみが出されていることに驚いた。
  • 子供にごみについて、詳しく教えたことが無かったので、全ての見学場所で学んだこと、見たとこが勉強になった。リサイクルできるものは、よりリサイクルしなくては…と、改めて考える機会になりました。
  • ごみの量と、焼却施設の規模の大きさに驚きました。
  • ごみを減らすには、一人一人の心掛け次第という事に、改めて気付きました。
  • ごみだと思わず、資源であること。3Rの確認ができた。ごみ減量に努めたい。
  • 口で説明するより、見ることで、子供には勉強になりました。
  • ごみの分別について、今まで間違っていた点もあり、とても勉強になりました。小学1年生の子供でも楽しく参加できる分別ゲームでした。これからごみを出すときに、一緒に分別したり、お手伝いしてもらおうと思います。
  •  初めて古紙類のリサイクルについて勉強できた。今後、もう少しリサイクルに回せるメモ用紙、箱など、気をつけて分別したいと思いました。
  • ごみの削減、リサイクルに積極的に取り組みたいと思います。小さいことからコツコツ取り組み、周りにも広めたいと思います。
  • 今回の見学を機に、生活の中でも色々気をつけようと思いました。
  • 子供もですが、大人が大変勉強になりました。
  • 自分たちが出したごみがどのように処理されるのか、実際に見ることができて、分別の大切さを感じました。
 
 

お問い合わせ