会津若松市の史跡一覧<国指定文化財> 高瀬の大木(ケヤキ)

2017年1月6日

 

高瀬の大木(ケヤキ)

 

     この大木は、上杉景勝が慶長5年(1600)に神指城を築こうとしたところにあります。
     このケヤキは樹齢約500年といわれ、神指城築城前から既に大木であったといわれています。
     根元の周囲12.55メートル、目通りの幹囲10.45メートル、樹高は24.64メートルあります。
     大枝の折損が相次ぎ、幹部に亀裂が生じてきていますが、樹姿はなお堂々としてすぐれ、ケヤキの巨樹として有数のものです。

      所在地:指町大字高瀬字五百地1624