水源の紹介

2020年4月1日

本市水道事業の水源は、猪苗代湖(滝沢浄水場・六軒浄水場)、東山ダム(東山浄水場)、大川及び舟子沢渓流(大戸浄水場)の4つあります。水道水の水質は、水源である湖沼や河川の水質に大きく左右されます。皆さんがおいしい水を飲むためには水源が汚れていないことが重要です。

本市水道事業の水源は恵まれていますが、経済活動や社会生活の変化によって、水質の悪化が懸念されています。

この限りある水資源はわたしたちの時代だけのものではありません。普段の生活でも大切に水を使う習慣を身につけて、この貴重な資源を一滴でも多く未来のために残していきたいものです。

本市水道事業の水源を紹介します。


猪苗代湖水

猪苗代湖の写真

猪苗代湖水の水質は、pH6前後と弱酸性で、年間平均濁度は2~3度と非常に透明度が高く安定しています。



東山ダム水

東山ダムの写真

東山ダム水の水質は、pH7付近の中性で、金属類は鉄を若干含む程度で、その他の金属はほとんど含まれていません。



大川水

大川の写真

大川水の水質は、pH7付近の中性で、金属類は鉄が若干含む程度で、その他の金属はほとんど含まれていません。



舟子沢渓流水

舟子沢渓流の写真

舟子沢渓流水は湧水と同様で、一年間を通じて濁度が低く、極めて良好な水質です。



お問い合わせ

  • 会津若松市上下水道局上水道施設課 浄水場グループ(滝沢浄水場内)
  • 〒965-0003 会津若松市一箕町大字八幡字柏木15-13
  • 電話:0242-22-0963
  • FAX:0242-32-4708
  • メール送信フォームへのリンクメール