障がい者計画・障がい福祉計画・障がい児福祉計画

2018年4月25日

「会津若松市障がい者計画・第5期障がい福祉計画・第1期障がい児福祉計画」を策定しました!

  市では、障がいのある人もない人も地域で自分らしく暮らすことのできる共生社会の実現を目指し、障がい者施策の基本的な方向性を示す「市障がい者計画」と、この計画に掲げる障がい福祉分野の実施計画となる「市障がい福祉計画」を策定しております。
  この度、新たに「会津若松市障がい計画・第5期障がい福祉計画・第1期障がい児福祉計画」を策定いたしました。
 

計画の趣旨

  前障がい者計画の期間中、国においては、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(以下「障害者総合支援法」という。)や障害者差別解消法の成立、障害者雇用促進法の改正など、様々な制度改革が行われました。
    また、児童福祉法の改正に基づく障がい児支援の強化や、障害者総合支援法の改正に基づく地域生活を送るための支援の一層の充実、高齢障がい者に対する介護保険サービスの円滑な利用に向けた制度の見直しなど、本市の障がい者施策を取り巻く環境は大きく変化しています。
    このような変化に加え、自然災害への対応や障がい者差別、虐待防止、成年後見制度など権利擁護の推進など、地域で生活していく上での様々な課題に対応できる施策の展開が必要とされています。
    こうした状況とこれまでの取組の成果、関係法令等を踏まえながら、平成30年度以降の障がい者施策の総合的な推進の指針となる新たな「会津若松市障がい者計画」及び「第5期障がい福祉計画」「第1期障がい児福祉計画」を策定いたしました。

 

 

計画の構成

  • 名称:  会津若松市障がい者計画・第5期障がい福祉計画・第1期障がい児福祉計画
  • 策定根拠:  障害者基本法(市障がい者計画)、障害者総合支援法(第5期障がい福祉計画)、児童福祉法(第1期障がい児福祉計画)       
  • 計画期間: 平成30年度から35年度までの6年間(市障がい者計画)、平成30年度から32年度までの3年間(第5期障がい福祉計画、第1期障がい児福祉計画

 

 

 

会津若松市障がい者計画・第5期障がい福祉計画・第1期障がい児福祉計画

 【概要版】
 
 【全体版】

 

 【分割版】

 

過去の計画


お問い合わせ

  • 会津若松市役所 障がい者支援課 支援グループ
  • 電話:0242-39-1241
  • FAX:0242-39-1430
  • メール送信フォームへのリンクメール