会津若松市障がい者雇用優良事業所顕彰事業 令和3年度市長賞受賞事業所紹介

2021年11月25日

 障がい者を雇用し、障がい者の視点に立った雇用環境を整えるなど、社会貢献度の高い事業所に「会津若松市長賞」が贈られました。
 市では、この顕彰事業を通して、たくさんの事業所や市民の方に、障がいのある方と共に働くということについて考えて頂くきっかけとなればと思っています。
 ちょっとした理解や見守り・手助けがあれば、自分らしく生活できる人はたくさんいるのです。
 少しずつでも、障がい者雇用の輪が広がり、障がいのある方と共に働くことが自然であるまちにしていきたいですね。

受賞事業所紹介 

株式会社 ダイエツ 様

  • 企業概要

【業種】 測量業、建設コンサルタント、地質調査業、補償コンサルタント
【企業理念】
私たちは、総合技術コンサルタントとして社会資本整備のお手伝いを通じ、住みよい地域と豊かな街づくりのために技術と人格の向上をめざし、社会へ貢献してまいります。

  • 雇用障がい者数

 1名(身体障がい者)

※重度身体障がい者であるため、障がい者雇用率の計算では2名で換算
 (市内従業員27名)

  • 障がい者雇用率

  7.4%(令和3年6月1日現在)

  • 選考会評価
  • 風通しの良い職場環境であり、全職員が障がいのある方も無い方にも、区別なく接している。
  • 障がいの有無に関わらず、それぞれの業務内容に応じ適正に評価、支給を行っており、あくまで公平な昇給・昇進の仕組みがある。
  • 障がいのある方も地域社会の一員として働けるように、働きやすい職場環境を整備しながら継続雇用を行っている。

 

審査ポイント

 以下の審査ポイントに基づき、選考会委員の方に、厳正なる審査・選考会を実施して頂きました。

  • 障がい者の就労機会の確保・雇用状況
  • 障がい者雇用に対する企業理念
  • 勤務・通勤・設備・雇用継続等への配慮
  • その他の特筆すべき点(企業としての社会的姿勢)



審査及び選考会

審査・選考会

 令和3年11月4日
 ※選考方法は現地審査を原則としているが、新型コロナウィルス感染症感染拡大防止対策として、今年度は市会議室での選考会委員による質疑応答による審査・選考により被表彰候補を選定し、市長に報告。市長が最終決定。

選考会構成団体

  • 会津若松公共職業安定所
  • 会津若松商工会議所
  • 社団法人会津若松法人会
  • 福島県中小企業同友会
  • 会津若松市障がい者就労支援促進会議
  • 福島県立会津支援学校
  • 会津障害者就業・生活支援センター
  • 会津若松市観光商工部

 

表彰式

  • 開催日時
令和3年11月15日(月) 午前10時30分から
顕彰事業写真 .JPG

啓発

  • 市政だより(令和3年12月1日号掲載予定)
  • 会津若松公共職業安定所(「The Monthly Report」掲載予定)
  • 会津若松商工会議所ニュース(掲載予定)


他にも、各種団体などを通し、受賞事業所のご努力を、広くお知らせしてまいります。


◎障がい者の雇用にご尽力されている事業所を称え、益々のご発展をお祈り申し上げます。

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所  障がい者支援課 支援グループ
  • 電話:0242-39-1241
  • FAX:0242-39-1430
  • メール送信フォームへのリンクメール