木造住宅耐震診断の希望者を募集します

2019年5月30日

地震に備えて、自宅の耐震診断を受けてみませんか。

会津若松市では、木造住宅の耐震化の促進を図る支援策として「安全安心耐震促進事業」を行います。
この事業は、福島県耐震診断者名簿に登録されている建築士等を派遣し、住宅が地震に対してどの程度の耐震性があるかを評価する「一般診断法」により現地調査を行い、後日診断結果を通知します。

耐震診断の結果、耐震性が不足していることが判明した場合には、耐震改修工事を行うことをお勧めしますので、こちらの制度をご利用ください。

対象となる住宅

次のすべての要件を満たす住宅が対象になります。

  • 所有者が自ら居住する住宅(所有者は市税等の滞納がないこと)
  • 昭和56年5月31日以前に着工された戸建ての木造住宅
  • 在来軸組工法、伝統的工法、枠組壁(ツーバイフォー)工法による木造3階建て以下の住宅
  • 過去に耐震診断を受けていない住宅
  • その他の要件もありますので、詳しくはお問い合わせください

費用の個人負担額

  • 一診断あたり 7,500円 

申込期間

  • 令和元年6月24日(月)午前9時00分から令和元年10月頃まで  ※受付開始時点で応募者多数の場合、受付の抽選を行います。

 ※診断戸数には限りがありますので、予定数に達した時は次年度以降のお申し込みをご案内させていただく場合があります。

 ※申込状況等のご確認は、お問い合わせ下さい。

 

申込方法

耐震診断を希望される住宅の所有者は、下記の書類を建築住宅課へ提出してください。

  • 木造住宅耐震診断者派遣申込書(押印が必要です。建築住宅課で配布、又は下記申込書を参照して下さい。)
  • 建物の案内図
  • 建物の平面図(概略平面図)
  • 建物の着工時期が確認できる資料(建築確認通知書、建物登記簿謄本等。)
  • 木造住宅耐震診断者派遣申込書

   

調査内容等

  • 福島県耐震診断者名簿に登録されている建築士等を派遣し、建物内部(天井裏、床下等)を目視などにより現地調査を行い、「一般診断法」により耐震診断をします。(建物内部の調査が不可能な場合は、耐震診断ができません。)診断結果は、第三者機関のチェックを受け、後日通知します。

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 建設部建築住宅課
  • 電話:0242-39-1307(平日の午前8時30分~午後5時15分まで)
  • FAX:0242-39-1454
  • メール送信フォームへのリンクメール

関連ワード