会津若松市公設卸売市場トップページ

2019年3月26日

市場の概要

   本市場は、会津における唯一の公設地方卸売市場として、市民はもとより会津地方全域の消費者にとって、日常生活に欠かすことのできない生鮮食料品等の供給拠点として重要な役割を果たしています。

 

施設の概要

  • 開設者
  • 会津若松市
  • 面積
  • 122,000平方メートル
  • 青果部・水産物部
  • 昭和50年10月6日開設
  • 花き部
  • 平成8年6月3日開設
  • 建設費
  • 約28億3千万円(花き部を含む)
  • 供給人口
  • 約27万人(2市11町4村)

 

 

供給エリア図

供給エリア図

(クリックすると大きな画像が表示されます)

 


 

 

施設の規模

施設 面積
○卸売場  5,730平方メートル
   青果部  3,324平方メートル
   水産物部  1,800平方メートル
   花き部  606平方メートル
 ○仲卸売り場  1,235平方メートル
   青果部  532平方メートル
   水産物部  624平方メートル
   花き部  79平方メートル
 ○関連商品売場  1,774平方メートル
 ○買荷保管所  2,012平方メートル
 ○業者事務所  2,672平方メートル
 ○冷蔵庫・加工施設  640平方メートル
 ○倉庫  1,249平方メートル
 ○管理棟事務所  315平方メートル
 ○駐車場  約35,000平方メートル

 

関係業者(平成30年12月現在)

  • 卸売業者
  • 青果部2社 水産物部2社 花き部1社
  • 仲卸業者
  • 青果部4社 水産物部3社
  • 関連事業
  • 6社
  • 付属機関
  • 2社
  • 買受人
  • 青果部157人 水産物部153人 花き部97人
  • 買出人
  • 青果部348人 水産物部265人 花き部163人

 

市場の構成者

  • 開設者
  • 市が福島県知事の許可を受けて開設しました
  • 条例等の規定に基づき、市場の施設を管理、運営するともに市場取引に係る指導監督を行っています。
  • 卸売業者
  • 生鮮食料品等、全国から安定的かつ計画的に集荷し、仲卸業者及び買受人に販売することを業務としており福島県知事の許可を受けて営業しています
  • 仲卸業者
  • 市場内の店舗で卸売業者から買い受けた物品を仕分け、調整して、買受人、買出人等に販売することを業務としています。開設者の許可を受けて営業し、市場にお  ける価格形成に重要な役割を担っています。
  • 買受人
  • 仲卸業者と同様、卸売業者の相手方として、市場における価格形成に重要な役割を果たしています開設者の承認を受けて卸売業者の行う販売に直接参加し、物品を買い受ける権利を有する小売業者です。
  • 買出人
  • 開設者の承認を受け仲卸業者から物品を購入し、消費者に販売する小売業者、大口需要者又は飲食業者等です
  • 関連事業者
  • 市場機能の充実を図るとともに、市場の利用者に便益を提供するため、開設者が市場内の店舗において業務を営むことを許可した者です。
  • 附属機関
  • 市場の決済業務の円滑化を図るため、精算会社及び代払機関が開設者の許可を得て設置されています。

 

統計データ等

 

会津若松市公設地方卸売市場経営展望を策定しました

 卸売市場を取り巻く情勢の変化に対応し、県の「第9次福島県卸売市場整備計画」において位置づけられた「地域拠点市場」としての役割と、公設市場としての機能を将来にわたって維持・継続していくため、平成31年度から40年度までの本市場の将来に向けた指針として「経営展望」を策定し、本市場の健全な運営と活性化に向けた取組の推進を図ってまいります。

 

指定管理者

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 農政部 農政課
  • 電話:0242-39-1253
  • FAX:0242-23-8180
  • メール送信フォームへのリンクメール

地図

公設地方卸売市場