花と緑の課ホームページ ~花苗生産基地~

2018年10月30日

花と緑のまちづくり

 

市では、「花と緑のまちづくり」を進めています。

 

その一環として桂林寺通りの中町まちなか市民広場に花苗生産基地を平成14年に開設しました。

 

市民のみなさんが花苗をつくり、会津若松市を花と緑でいっぱいにすることを目的としています。

 

花苗生産基地では、土づくりから水のやりかた、花苗の育て方など、花と緑に関する様々なことを丁寧に教えてもらうことが出来ます。

 

花基地.JPG
 
 

花苗生産活動への参加者を募集しています
 
花苗生産基地では市民の皆さんと一緒に会津若松を花と緑でいっぱいにしようという思いで「花苗生産活動」を実施しています。
 
「花苗生産活動」とは、町内会や商店街に花を飾りたい、児童施設や福祉施設の花壇に花を植えたい、という団体を対象にした活動です。
 
(現在個人の募集はしていません)
 
 

作業内容

 
春と秋の年2回、数センチに育った苗を1本ずつポットに植え替える作業(仮植)を2時間程度していただきます。
 
(仮植作業の様子は下記写真をご覧ください)
 
育った苗を約1ヶ月後に配布しますので、各団体で花を植えていただき若松市を花でいっぱいにして下さい。
 

 よくある質問

 

  • 参加費はかかりますか

 

「参加費は無料です」

 

  • 春と秋の2回参加しないと苗はもらえないですか

 

「1回の参加ごとに苗を配布しますので、 1回だけの参加でも大丈夫です」

 

  • 何人で参加すればいいのですか

 

「代表者1人でも団体全員でも参加できます。だだし作業スペースの関係で、参加人数が多い場合は参加者の調整をお願いすることがあります」

 

  • 配布される苗の種類は何ですか

 

「春はマリーゴールド、秋はビオラの予定です」

 

  • 配布される苗の本数は

 

「配布する苗の本数は生育状況で変わります。平成29年度の実績は、延べ169団体へ55,720本の苗を配布しました」

 

 

登録方法

 
団体名、代表者名、郵便番号、住所、電話番号を登録していただくだけです。
 
興味のある方は市役所花と緑の課にお問い合わせください
 
 

花苗生産基地の場所

 

花苗生産基地は、中町の県道沿い(桂林寺通り)の、中町まちなか市民広場(中町70-1)の中にあります。

 

 
仮植作業(苗のポット植え替え作業)
P1030782_R_R.JPG 種まきして約4週間経った苗
P1030770_R_R.JPG 仮植作業

 

種まきしてから数センチに育った苗をポットに1本ずつ丁寧に植え替える作業です。

 

参加人数にもよりますが、2時間ほどの作業で4000本から5000本の苗が生産できます。

 

いくつか注意点がありますが難しい作業ではありませんので、年配の方でも安心して参加できます。

 

 

P1030768_R_R.JPG 体力に自信のある方には、土づくりをお願いしています

 

 

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 花と緑の課
  • 電話:0242-39-1262
  • FAX:0242-39-1451
  • メール送信フォームへのリンクメール