母子・父子・寡婦福祉資金貸付

2017年9月7日

 「母子家庭」、「父子家庭」及び「寡婦」の方の経済的自立を支援するため、無利子又は低利子で各種資金の貸付を行っています。(貸付に際しては、連帯保証人が必要となる等、要件を満たす必要があります。)

対象者

母子福祉資金

  • 20歳未満の児童を扶養している配偶者のない女子。
  • 20歳未満の父母のない児童。

父子福祉資金

  • 20歳未満の児童を扶養している配偶者のない男子。
  • 配偶者のない男子が扶養している児童。

寡婦福祉資金

  • 過去に母子家庭として20歳未満の子を扶養したことがある配偶者のない女子。
  • 40歳以上の配偶者のない女子で前年の所得が203万6千円以下の方。

 

貸付金の種類・限度額

 

種類使途貸付最高限度額据置期間償還期間利率
事業開始資金 事業を開始するに際して必要な経費(設備費、材料費等)  2,830,000円  貸付日から
 1年間
 7年以内

無利子

又は

年1%

事業継続資金 事業を継続していくために必要な運転資金(商品代、材料費等)  1,420,000円  貸付日から
 6ヵ月間
 7年以内
修学資金 子が高校、専門学校、大学に修学するために必要な経費(授業料、通学費、教科書代、自宅外通学のためのアパート等の家賃、下宿代、寮費、生活費)  下記 別表1

 修学修了後、

 卒業後
 6ヵ月間

 10年以内
技能習得資金 ひとり親家庭の母若しくは父、または寡婦が事業開始や、就職するために必要な知識技能を修得するのに必要な経費(授業料、交通費等)

 月額68,000円

(自動車運転免許 460,000円)

 習得期間満了後
 1年間
 10年以内
修業資金 子が事業を開始し、または就職するために必要な知識技能を習得するために必要な経費(授業料、交通費等)  月額68,000円
(自動車運転免許 460,000円)
 6年以内
就職支度資金 ひとり親家庭の母、父若しくは子、または寡婦が就職するために直接必要な経費(被服費等)

  100,000円
(自動車購入  320,000円)

 貸付日から
 1年間
 6年以内
医療介護資金 ひとり親家庭の母、父若しくは子、または寡婦が医療を受けるのに必要な経費又は介護を受けるために必要な経費   340,000円
 (介護500,000円)
 医療・介護期間満了後
 6ヵ月間
 5年以内
生活資金 技能習得資金を借受けて技能習得している期間、医療介護資金を借受けて医療または介護を受けている期間、ひとり親家庭となって7年以内、または失業期間中の生活維持に必要な経費

 月額103,000円

(技能習得:141,000.円)

 期間満了後
 6ヵ月間

技能習得:
 10年以内

医療介護・失業:

 5年以内

生活安定:
 8年以内

住宅資金 住宅の補修、保全、改築、増築、購入に必要な経費   1,500,000円
(災害2,000,000円)
 貸付日から
 6ヵ月間
 6年以内
転宅資金 住宅を移転するために必要な住宅の貸借に際し必要な経費   260,000円  貸付日から
 6ヵ月間
 3年以内
就学支度資金 子の学校への入学もしくは修業施設への入所に必要な経費  下記 別表2  卒業・修業後
 6ヵ月間

 修業:5年以内

 修学:10年以内

結婚資金 子が結婚するために必要な経費   300,000円  貸付日から
 6ヵ月間
 5年以内

 

別表1 修学資金貸付限度額(月額)一覧

学校居住貸付最高限度額
1年2年3年4年5年

高等学校

専修学校

(高等課程)

国公立 自宅 27,000円 27,000円 27,000円    
自宅外 34,500円 34,500円 34,500円    
私立 自宅 45,000円 45,000円 45,000円    
自宅外 52,500円 52,500円 52,500円    
高等専門学校 国公立 自宅 31,500円 31,500円 31,500円 67,500円 67,500円
自宅外 33,750円 33,750円 33,750円 76,500円 76,500円
私立 自宅 48,000円 48,000円 48,000円 79,500円 79,500円
自宅外 52,500円 52,500円 52,500円 90,000円 90,000円

短期大学

専修学校

(専門課程)

国公立 自宅 67,500円 67,500円      
自宅外 76,500円 76,500円      
私立 自宅 79,500円 79,500円      
自宅外 90,000円 90,000円      
大学 国公立 自宅 67,500円 67,500円 67,500円 67,500円  
自宅外 76,500円 76,500円 76,500円 76,500円  
私立 自宅 81,000円 81,000円 81,000円 81,000円  
自宅外 96,000円 96,000円 96,000円 96,000円  

専修学校

(一般課程)

国公立

私立

48,000円 48,000円      

別表2 就学支度資金貸付限度額一覧

学校貸付最高限度額
高校
高専
専修学校の
高等課程
国公立 自宅 150,000円
自宅外 160,000円
私立 自宅 410,000円
自宅外 420,000円
大学
短大
専修学校の
専門課程
国公立 自宅 370,000円
自宅外 380,000円
私立 自宅 580,000円
自宅外 590,000円

 

修学資金・就学支度資金に関する注意事項

  • 修学資金は前期分と後期分が半年ずつ振り込まれます。
  • 平成28年度より、必要と認められる場合には、日本学生支援機構の奨学金との併用が可能になりました。その場合は、貸付限度額の差額を限度として貸付可能です。
  • 就学支度資金については、入学前の3月31日が申請の締切日となります。

事前相談

  貸付申請の前には、事前相談が必要です。事前相談及び申請は随時受け付けておりますが、申請受付から貸付の可否決定及び貸付金振込みまで約1ヶ月半から2ヶ月半程度の期間を要しますので、早めのご相談・申請をお願いいたします。会津若松市福祉事務所(こども家庭課)で受付を行い、福島県(会津保健福祉事務所)が審査をして貸付を決定します。

連帯保証人  

原則として、次の要件を満たす保証人が必要となります。

  • 申請者と同一の生計にない方。
  • 保証の意思が確実にある方。
  • 保証能力がある方。
  • 3親等以内の親族が望ましい。
  • 貸付時において60歳未満の者が望ましい。
  • 申請者と同一市町村に居住している者が望ましい。

 

償還(返済)方法

  一定期間の据置期間経過後、定められた期間内に償還していただきます。支払い期日までにご返済がない場合、違約金が発生します。

 

申請・お問い合わせ先
 貸付申請書等の用紙は、会津若松市福祉事務所(こども家庭課)・女性福祉相談室、福島県会津保健福祉事務所にあります。詳しくは、会津若松市福祉事務所(こども家庭課)・女性福祉相談室、福島県会津保健福祉事務所におたずね下さい。 

  • 会津若松市役所 こども家庭課
  • 所在地:〒965-8601 会津若松市栄町5番17号 栄町第2庁舎1階
  • 電話:0242-23-4545
  • FAX:0242-39-1434
  • メール送信フォームへのリンクメール
  • 女性福祉相談室
  • 電話:0242-32-4470