i_shiseki ま〜も>妙国寺

妙国寺(みょうこくじ)

宝光山と号す。顕本法華宗を開いた日什の誕生入滅の霊場として、日什門流の寺院全国500カ寺を擁し、日蓮宗の本山に列している。創立は応永元年(1394)。戊辰戦争のとき、会津藩主松平容保が降伏、容保父子が一カ月間入寺謹慎した寺である。また飯盛山で自刃した白虎隊士の遺体を最初に葬った所でもある。寺宝に日什上人直筆曼荼羅、釈迦涅槃像(刺しゅう)、田中正玄夫人使用什器などがある。(周辺マップへ


i_kanren

海津市(容保生家・高須藩)
京都府(容保京都守護職)
日光市(松平容保東照宮宮司)

i_kanren

松平容保

i_kanren

戊辰戦争・会津戦争

i_kanren

鶴ヶ城
飯盛山(白虎隊士の墓)




このページの内容及び画像の転載・二次使用を禁止します。