i_shiseki か〜こ>興徳寺>蒲生氏郷の墓

蒲生氏郷の墓(がもううじさとのはか)

会津若松市神明通りの東裏、興徳寺の本堂東側にある。瑞雲山興徳寺は臨済宗妙心寺派の寺で、秀吉が奥羽仕置のため会津へきたとき三泊したほどの大寺院であった。墓は空風火水地の五文字を刻した五輪塔で、京都大徳寺の本墓から分骨したものと伝えられる。墓前には、「限りあれば吹かねど花は散るものを心短き春の山風」の辞世の歌碑がある。会津史談会が昭和28年に氏郷公360年祭を記念して建てたものである。(周辺マップへ


i_kanren

日野町(蒲生氏郷生誕地)
松阪市(蒲生氏郷前任地)

i_kanren

蒲生氏郷

i_kanren

鶴ヶ城(築城)
恵倫寺(父の菩提寺)




このページの内容及び画像の転載・二次使用を禁止します。