i_jinbutsu >民謡「会津磐梯山」

民謡「会津磐梯山」
(みんよう あいづばんだいさん)

「会津磐梯山」は会津の民謡の中でも最も有名な唄である。山内磐水の著書「会津民謡集」によると、この唄は明治初年ころに越後の五ヶ浜(新潟県新潟市の日本海に面した集落)から来た油締めの若い衆が、七日町の阿弥陀寺の境内で歌い踊った五ヶ浜甚句に始まると言われている。会津に広まったこの唄は、盆踊唄、会津甚句などと呼ばれ、その踊りはかんしょ踊りと言った。踊りは会津地方に伝えられていたものを取り入れたと考えられる。


i_jichitai

新潟市(五ヶ浜甚句)

i_kanren

阿弥陀寺




このページの内容及び画像の転載・二次使用を禁止します。