i_jinbutsu な〜の>丹羽五郎

直江 兼続(なおえ かねつぐ)

永禄3年〜元和5年(1560〜1619)

越 後国魚沼郡上田庄(現在の新潟県南魚沼市)の坂戸城主、長尾政景(景勝の父)に仕える樋口兼豊の長男として生まれた。幼名は与六(よろく)。幼いころから 上杉景勝に仕えていた。上杉家の家督をめぐる争い「御館の乱」の後、後継者となった上杉景勝は、越後を平定した。また名家の直江家を継いだ兼続は与板城主 (現在の長岡市)となった。天正16年(1588)景勝の上洛に従った兼続は、豊臣秀吉の計らいにより従五位下山城守に任ぜられ、慶長3年(1598)に 上杉景勝が会津120万石に移封されると兼続は6万石を与えられ米沢城主となった。会津の「神指城」築城に尽力するが、徳川家康の会津攻めにより中止とな る。「関ヶ原の戦い」の後、米沢30万石に減封された上杉家の執政として米沢藩の基礎を築いた。


i_jichitai

米沢市 (上杉家移封地)

上越市 (春日山城)

長岡 (与板城)

南魚沼市(生誕の地)

i_kanren

上杉景勝

i_kanren

神指城跡




このページの内容及び画像の転載・二次使用を禁止します。