平成29年度デジタル未来アート展

2018年2月14日

最新のテクノロジーを、体験型のデジタルアートやワークショップにより、楽しみながら学べる遊び場「デジタル未来アート展」が開催されます。

子どもたちだけでなく、学生や大人にも、ICTやIoTといった最新のテクノロジーを楽しみながら学んでいただけます。

入場無料!ぜひ、何度でも遊びに来てください!

 

ポスター

 

開催概要

 

  • イベント名:デジタル未来アート展 Playfull Learning -楽しみながら学ぼう-
  • 開催期間:2018年3月17日(土)~27日(火) 午前10時から午後6時まで
  • 開催場所:會津稽古堂 多目的ホール・市民ギャラリー(会津若松市栄町3-50)
  • 会場の駐車場には限りがございますので、公共交通機関や周辺の駐車場をご利用ください。
  • 入場料金:無料
  • 主催:デジタル未来アート事業実行委員会
  • 共催:会津若松市、会津若松市教育委員会
  • 後援:公立大学法人会津大学、公益社団法人会津青年会議所、会津若松商工会議所青年部、会津地域スマートシティ推進協議会、会津若松市保育所連合会、会津若松市幼児教育振興協会、福島民報社、福島民友新聞社、読売新聞東京本社福島支局、朝日新聞福島総局、毎日新聞福島支社、河北新報社、NHK福島放送局、福島テレビ、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島

 

展示内容

 

遊び場<Playground>

  • つくもがみ
つくもがみ01つくもがみ 【(c)teruaki TSUBOKURA/STEPeast】
つくもがみ02つくもがみ 【(c)teruaki TSUBOKURA/STEPeast】
  • 作品紹介:日本では古来、やおよろずの神の信仰から、古いものにも魂が宿り「つくもがみ(付喪神)」になると信じられてきました。人間が発展と共に創り出し、大量に廃棄してきた物達にも全て「つくもがみ」が宿っています。この作品ではスクリーンの前に立って体を動かす事で「つくもがみ」の姿を見ることができます。人が作り出した廃棄物で人の形を表現する事で、物を大切にするという事の重要さを今一度考えさせられる作品となっています。
  • 作品体験方法:前方に置かれた3Dセンサーで人の手足などの骨格情報を読み取り、最大6人までの体験者を「つくもがみ」としてリアルタイムの3DCGとして表示します。
  • 出展者:teruaki TSUBOKURA
  • 出展者紹介:坪倉 輝明
     メディアアーティスト/クリエイティブテクノロジスト
    1987年生まれ。金沢工業大学メディア情報学科卒業後、株式会社1→10designに所属しVRやプロジェクションマッピングなど体験型エンターテイメントシステムの開発を主に手がけ、多数の広告賞等を受賞。その後、フリーランスのメディアアーティスト/クリエイティブテクノロジストとして独立。
    ソフトウェア/ハードウェア問わず様々なテクノロジーを自在に組み合わせた「現実とデジタルの境のない空間」を作り出す制作スタイルで、テクノロジーを活用した広告制作やメディアアート作品の制作を行っている。
    「不可視彫像/Invisible Sculpture」MashupAwards2017インタラクティブデザイン部門優勝
    「Achromatic World – いろのないせかい-」Mashup Awards2017 Unity賞
    「運命的アクシデント」Art Hack Day2015 アート部門最優秀賞
    「インタラクティブお葬式 - Interactive Funeral」Yahoo! JAPAN インターネットクリエイティブアワード スマートデバイスイノベーション部門 ゴールド

 

 

  • 紙アプリ「ダイナソー」
紙アプリ01 紙アプリ「ダイナソー」 【凸版印刷株式会社/株式会社リコー】 ※『紙アプリ』は株式会社リコーの商標でイベント向けソリューションです。
紙アプリ02 紙アプリ「ダイナソー」 【凸版印刷株式会社/株式会社リコー】 ※『紙アプリ』は株式会社リコーの商標でイベント向けソリューションです。
  • 作品紹介:「紙アプリ」とは、紙に描いた絵が映像になるコミュニケーションツールです。自分の描いた絵に命が吹き込まれたかのような驚きと感動が体験できます。平面の塗り絵が、自動で立体モデルとなり、動き出す様子にご注目ください。塗り絵は、作者の個性や特長が目に見えて発揮される創作活動です。「紙アプリ」を通して、自尊心の醸成、多様性への理解、テクノロジーへの関心を喚起します。
  • 作品体験方法:描いた塗り絵をスキャンするだけで、あなただけのオリジナル恐竜がスクリーンに登場し、大自然を闊歩します!
  • 出展者:凸版印刷株式会社/株式会社リコー
  • 出展者紹介:トッパンは、「印刷テクノロジー」をベースに、「情報コミュニケーション」「生活・産業」「エレクトロニクス」の3つの事業分野において、従来の印刷領域を超え、幅広い活動を展開しています。リコーグループは情報化社会の中で、革新的な商品・サービスを提供することを事業領域とし、オフィス・プリンティング・その他の3つの顧客セグメントにて事業を展開しています。

 

  • VRでまちづくり
VRでまちづくり01 VRでまちづくり 【株式会社デザイニウム】
VRでまちづくり02 VRでまちづくり 【株式会社デザイニウム】
  • 作品紹介:VR(バーチャルリアリティ・仮想現実)空間内で、親子が協力し合い、一つの街を作っていくコンテンツです。街を作っていく過程で、電気を作っていき、完成した街を動かしてみましょう。「VRとはどういったものか」「街でどのように電気が使われているか」を体験ができます。
  • 作品体験方法:13歳以上の方はヘッドマウントディスプレイを被り、13歳未満の方はタブレット端末にて体験。
  • 出展者:株式会社デザイニウム
  • 出展者紹介:最新のテクノロジーを活用して様々な体験型コンテンツを生み出している会津若松発企業。会津若松市と東京に拠点を置き、活動しています。

 

  • 遊んで学んで-デジタルコンテンツの裏側を見てみよう
遊んで学んで01 遊んで学んで-デジタルコンテンツの裏側を見てみよう 【株式会社デザイニウム】
遊んで学んで02遊んで学んで-デジタルコンテンツの裏側を見てみよう 【株式会社デザイニウム】
  • 作品紹介:小学生でも制作可能な技術を用いたMicro:bit(マイクロビット)のコントローラーを使ったゲーム感覚の体験型コンテンツです。体験した後は、配布されるマニュアルを見ながら、自宅でも再現して、プログラミングの基礎を学んでいきましょう。
  • 作品体験方法:準備されているコントローラーを持ってスクリーンの前で体験。
  • 出展者:株式会社デザイニウム

 

  • -KAZAHANA-
KAZAHANA01 -KAZAHANA- 【株式会社U.】
KAZAHANA02-KAZAHANA- 【株式会社U.】
  • 作品紹介:センシング技術とアートを融合したイルミネーションオブジェの作品です。1024本の光のお花畑で会場を華やかに彩ります。わかりやすい説明パネルと実際の体験を通してセンシング技術と制御技術というIT技術を楽しく学ぶことができます。また、最近のいわゆる『インスタ映え』する写真撮影スポットとしても楽しむ事ができます。
  • 作品体験方法:体験エリアの人の動きをセンサーで感知し、その動きに呼応するようにイルミネーションが光る体験ができます。
  • 出展者:株式会社U.
  • 出展者紹介:インタラクション(体験型)を得意とするデジタルメディアコンテンツ企画・制作を行う会社です。

 

  • 歩くと何かが起きる不思議な床 -SURPRISE FLOOR-
不思議な床01歩くと何かが起きる不思議な床 -SURPRISE FLOOR- 【株式会社ポニーキャニオン/(c)株式会社ワールドエリアネットワークス】
不思議な床02歩くと何かが起きる不思議な床 -SURPRISE FLOOR- 【株式会社ポニーキャニオン/(c)株式会社ワールドエリアネットワークス】
  • 作品紹介:床に広がる映像に足を踏み入れると何かが起こる不思議な床。プロジェクターでイメージを照射します。床を踏む動作を下部のセンサーで感知し、
    動作に応じた映像を投影します。映像コンテンツは春夏秋冬の4種類を体験できます。
  • 作品体験方法:季節ごとに違った演出が起きるので、床を歩いて体験してみよう!
  • 出展者:株式会社ポニーキャニオン/©株式会社ワールドエリアネットワークス
  • 出展者紹介:
    ・株式会社ワールドエリアネットワークス
     「創造と挑戦」を理念に掲げ、CG・VRコンテンツから映像音楽制作までを手掛ける設立8年の会社です。
    ・株式会社ポニーキャニオン
     CD,DVDなど各種パッケージソフトおよびデジタルコンテンツの制作・販売をする会社です。

 

学び場<Workshops>

  • 遊んで学んで-デジタルコンテンツの裏側を見てみよう ワークショップ
遊んで学んで02遊んで学んで-デジタルコンテンツの裏側を見てみよう ワークショップ 【株式会社デザイニウム】
遊んで学んで03遊んで学んで-デジタルコンテンツの裏側を見てみよう ワークショップ 【株式会社デザイニウム】
遊んで学んで04遊んで学んで-デジタルコンテンツの裏側を見てみよう ワークショップ 【株式会社デザイニウム】
  • 作品紹介:小学生でも制作可能な技術を用いたMicro:bitのコントローラーを使ったゲーム感覚の体験型コンテンツです。ワークショップでは、コントローラーに使われているブロックプログラミングを紹介しながら、プログラミングの基礎を学んで頂きます。
  • 作品体験方法:ワークショップ形式でMicro:bitを使ったプログラミングの基礎を学びます。
  • 出展者:株式会社デザイニウム

 

 

  • (1)Magic Arts / (2)スタイリッシュ雪合戦
MagicArts01 Magic Arts 【会津大VR部/株式会社AnostVR】
MagicArts02  Magic Arts 【会津大VR部/株式会社AnostVR】
スタイリッシュ雪合戦  スタイリッシュ雪合戦 【会津大VR部/株式会社AnostVR】
  • 作品紹介:
    (1)会津大VR部が開発したVRゲームです。プレイヤーは魔法使いで、迫り来るモンスターを魔法で撃退します。放たれる魔法が自分の手の動きによって異なっており、リアルな体験ができます。
    (2)雪だるまと雪合戦をするバーチャルリアリティゲーム。大きい雪玉を投げて攻撃したり雪の壁を作って攻撃を防いだりし、攻防戦を楽しもう!
  • 作品体験方法:
    (1)ヘッドマウントディスプレイを被るだけで遊べます。魔法の出し方はプレイしながら学んでいきましょう。
    (2)VRコントローラを使って雪玉を作って、投げて、雪だるまを攻撃します。雪玉は持っている時間が長いほど大きくなって威力が増します。また、雪玉を転がすことでも雪玉が大きくなります。雪だるまからの攻撃を雪の壁を作って防ぐこともできます。
  • 出展者:会津大VR部/株式会社AnostVR
  • 出展者紹介:株式会社AnostVRは会津大VR部初代部長が設立したVRの会社です。VRで普段とは違う世界を体験できるコンテンツを作っていきます!

 

  • イルミネーション演出体験
イルミネーション01 イルミネーション演出体験 【株式会社リプライト】
イルミネーション02 イルミネーション演出体験 【株式会社リプライト】
  • 作品紹介:実際のイルミネーションで使用している演出デザインアプリケーションを用いて、音と光の連動プログラムの作成を実際に体験する事ができます。数種類の中から好きな歌を選び、それに合わせて自由に点灯のタイミングや色の設定をプログラムし、自分が作成したプログラムがイルミネーションに反映される様子を体験できます。
  • 作品体験方法:専用PCとデザインアプリケーションを使用し、準備されている10秒から20秒程度の数種類あるわかりやすい歌のサビ部分中から、好きな歌を選んで、点灯のタイミングをドラッグ&ドロップ、色設定をクリックといった小学生でもできる簡単な方法でプログラミングを体験できます。
    また、レクチャーと操作のサポートをするスタッフが付きます。
  • 出展者:株式会社リプライト
  • 出展者紹介:イルミネーションイベントの企画・オブジェ、演出デザインを行う会社です。

 

 

  • なつかしい会津の写真を集めよう~古写真を未来世代へ~
なつかしい01 なつかしい会津の写真を集めよう~古写真を未来世代へ~ 【公立大学法人会津大学】
なつかしい02なつかしい会津の写真を集めよう~古写真を未来世代へ~ 【公立大学法人会津大学】
  • 作品紹介:昔の記念写真や風景写真等をスキャナで取り込み、地図上にマッピングして、昔の風景や人の暮らしをデジタルアーカイブするイベントです。おじいちゃん、おばあちゃんの若かりし頃の写真、お父さんお母さんの結婚式の写真など、懐かしい写真で昔の風景をよみがえらせます。
  • 作品体験方法:写真をお持ちください。取り込み作業は係員が行います。
  • 出展者:公立大学法人会津大学
  • 出展者紹介:平成5年に開学した日本で最初のコンピュータ理工学専門の大学。新しい時代の「知」を創造するコンピュータサイエンティストと、高いコンピュータスキルを持ったエンジニアを育てるため、世界の約二十か国から第一級の教授陣を集め、最高のコンピュータ環境を提供しています。平成26年1月、学生数に対する大学発ベンチャー数で第一位、タイムズ・ハイヤー・エデュケーション世界大学ランキング日本版2018で全体23位にランクインするなど、高い評価を受けています。

 

  • はじめての「スクラッチ」プログラミング体験!~スクラッチでプログラムを作って動かしてみよう~
プログラミング01 はじめての「スクラッチ」プログラミング体験!~スクラッチでプログラムを作って動かしてみよう~ 【株式会社プライズ】
プログラミング02 はじめての「スクラッチ」プログラミング体験!~スクラッチでプログラムを作って動かしてみよう~ 【株式会社プライズ】
  • 作品紹介: ビジュアルプログラミングツールのScratch(スクラッチ)を使ったプログラミング体験のワークショップになります。ワークショップではプログラミングを使って図形を描いてみるといった内容になっており、図形を描く上では算数の知識が必要とされるので、算数の勉強にもなります。プロのシステムエンジニアが直接指導いたしますので安心してご参加いただければと思います。
    ※対象は小学4年生以上が望ましいです。
    ※当日の混雑状況によっては先着順の受付といたしますのでご了承ください。
    ※スクラッチ https://scratch.mit.edu
  • 作品体験方法:講師が直接指導します。
  • 出展者:株式会社プライズ
  • 出展者紹介: 学生が運営する会社として、2011年に設立。システム開発を主な事業とし、特徴としては学生を受け入れ、技術指導を行いながら、学生と共にシステム開発を行っています。2016年から教育事業を展開しており、現在プログラミング塾を運営しています。http://plise.co.jp/

 

 

  • はじめてのロボットづくり体験!~レゴでロボットを作って動かしてみよう~
ロボット01 はじめてのロボットづくり体験!~レゴでロボットを作って動かしてみよう~ 【株式会社プライズ】
ロボット02 はじめてのロボットづくり体験!~レゴでロボットを作って動かしてみよう~ 【株式会社プライズ】
  • 作品紹介:プログラミング学習向けのレゴマインドストームを使ったロボットづくり体験のワークショップになります。ワークショップではロボットの組み立てから、制御するためのプログラミングまでを通して行い、プログラミングの基本的な考え方を学ぶことができます。プロのシステムエンジニアが直接指導いたしますので安心してご参加いただければと思います。
    ※対象は小学4年生以上が望ましいです。
    ※当日の混雑状況によっては先着順の受付といたしますのでご了承ください。
  • 作品体験方法:講師が直接指導します。
  • 出展者:株式会社プライズ

 

 

  • 学校の地図を作ろう!
地図づくり01 学校の地図を作ろう!【会津若松市役所 統合GIS活用検討チーム】
地図づくり02 学校の地図を作ろう!【会津若松市役所 統合GIS活用検討チーム】
  • 作品紹介:誰でも自由に編集できる地図OpenStreetMap(オープンストリートマップ)を利用した地図作り体験ワークショップを実施し、身近な施設である小学校を基点とした地域の再認識と、OpenStreetMapの作成を通した公共意識の醸成を図ります。
  • 作品体験方法:印刷されたOpenStreetMapに建物や遊具などを書き込み、自分たちの手で地図を充実させていきます。参加者は、自分が書き込んだ内容が反映されたOpenStreetMapを印刷したものを持ち帰ることができます。希望者はパソコンを使ったOpenStreetMapへの入力操作も可能です。
  • 出展者:会津若松市役所 統合GIS活用検討チーム
  • 出展者紹介:庁内に導入しているGIS(地理情報システム)等の業務活用の検討や、地理空間情報に関連したイベント参画を行っています。

 

  • まちあるきタイムスリップ
まちあるき01 まちあるきワークショップ 【会津若松市役所 統合GIS活用検討チーム】
まちあるき02 まちあるきワークショップ 【会津若松市役所 統合GIS活用検討チーム】
  • 作品紹介:古地図アプリを使って会場周辺のまちあるきを実施し、現在の風景と昔の街並みを比較することで歴史や町の成り立ちの学習、興味喚起を図ります。
  • 作品体験方法:古地図アプリをインストールしたタブレットを持って会場周辺の歴史的スポットを巡ります。各スポットでは歴史的な逸話や説明を聞きながら、アプリを使って現在の風景と昔の街並みの比較を行います。
  • 出展者:会津若松市役所 統合GIS活用検討チーム

 

  • VR公共施設体験

 

VR公共施設01 VRメガネ公共施設体験 【会津若松市役所 統合GIS活用検討チーム】
VR公共施設02VRメガネ公共施設体験 【会津若松市役所 統合GIS活用検討チーム】
  • 作品紹介:普段立ち入る機会の少ない公共施設をVR映像で体験することで、市内の公共施設を知り、親しみを持っていただくとともに、VR技術への興味や理解を促します。
  • 作品体験方法:VRゴーグルを身に着けると、市内の様々な公共施設内の様子を360度視点で見ることができます。
  • 出展者:会津若松市役所 統合GIS活用検討チーム

 

外部リンク


フェイスブックでも情報発信中!!

 

      事務局スタッフが、随時、進捗状況をお知らせします!!フェイスブックでしか得られない情報もあるかも??

 

 

 

お問い合わせ

  • デジタル未来アート事業実行委員会 (事務局:会津若松市役所 企画調整課内)
  • 時間:8:30~17:15(平日のみ)
  • 電話:0242-39-1201
  • FAX:0242-39-1400
  • メール送信フォームへのリンクメール

 

地図

デジタル未来アート展(會津稽古堂)