第64回文化財防火デー 文化財の火災防ぎょ訓練を行います

2018年1月16日

 

毎年1月26日は文化財防火デーです。
これは昭和24年1月26日に法隆寺の金堂壁画が火災により焼損したことを教訓として、全国的に文化財の防火運動を行うものです。
 
文化課では毎年この時期に各文化財所有者、会津若松市消防団、会津若松消防署などのご協力を得ながら、市内にある文化財建造物の防火訓練を実施しています。
今年度は、館馬町の県指定重要文化財「蒲生秀行廟(がもうひでゆきびょう)」にて、下記により実施します。
    
1 日時   平成30年1月28日(日)  午前9時30分から午前10時00分(予定)
2 場所   県指定重要文化財「蒲生秀行廟(がもうひでゆきびょう)」  〔館馬町〕 
3 内容   消防車による送水・放水訓練など
 
当日、訓練に支障のない範囲で見学することができます。見学の際は付近の係員までお声かけ下さい。
なお訓練の際に消防車はサイレンを鳴らして出動します。また消防車の通過や駐停車のため、付近で一時的に交通規制が行われます。
付近にお住まいの方にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をいただきますとともに、実際の災害とお間違いのないようお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年度の訓練のようす(旧正宗寺三匝堂(さざえ堂))

 

防火デー案内.jpg

         防火デーの案内

 

お問い合わせ

 

  • 会津若松市教育委員会 文化課 文化財グループ
  • 住所:会津若松市栄町5-17 市役所栄町第二庁舎内
  • 電話:0242-39-1305
  • FAX:0242-39-1272
  • メール送信フォームへのリンクメール

 

地図