地域おこし協力隊

2016年11月17日

会津若松市では、地域活性化を目指した新たな移住促進の取り組みとして、平成28年度より地域おこし協力隊を導入し、地域課題の解決に取組んでいます。

最新情報

第1号隊員が誕生しました!

平成28年4月1日、「原山 修一(はらやま しゅういち)」さんが、本市の域おこし協力隊第1号に任命されました。

福島県と会津若松市の共同設置で、地域産業の後継者育成を目的とします。

勤務先は、伝統産業・会津木綿織元の「株式会社はらっぱ」で、今後3年間で会津木綿生産技術の習得やPR活動などに従事していただきます。

 ※任命後の室井市長との写真です。

協力隊01.JPG

 今後、活動の内容について情報発信してまいります。どうぞご期待ください。

隊員紹介

隊員No.01 原山 修一(はらやま しゅういち)

   隊員01.jpg

地域おこし協力隊とは?

総務省の取り組みの1つである「地域おこし協力隊」は、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に誘致し、その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度です。

  ※詳しくは、JOIN(移住・交流推進機構)のウェブサイトをご覧ください。

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 企画政策部 地域づくり課
  • 電話:0242-39-1202
  • FAX:0242-39-1430
  • メール送信フォームへのリンクメール 
  • フェイスブックページは休止中です。(H28.11.17~)

お問い合わせ

地域づくり課
電話:0242-39-1202
ファクシミリ:0242-39-1403