【最高賞金20万円!】平成27年度 会津若松市オープンデータコンテスト

2016年2月8日

 会津若松市では昨年度に引き続き今年度も、平成27年7月10日(金)~11月12日(木)の期間中、本市のオープンデータ活用を推進するため会津若松市オープンデータコンテスト」を開催し、オープンデータに関連する作品を募集します。

 

【本コンテストの募集は終了致しました。多数のご応募ありがとうございました!】

 

 

 コンテストチラシ

 

 ▼ オープンデータとは? ▼

 例えば人口動態や消火栓位置情報など、行政や民間組織が保有しているデータを自由な二次利用(商用利用含む)が可能な形で公開する取り組み、もしくはそれによって公開されたデータ自体のことを指します。
 2013年6月に閣議決定された「世界最先端IT国家創造宣言」では国をあげてオープンデータ活用を推進していく方針が掲げられています

 

受賞作品決定!

 こちらのページから、受賞作品をご覧いただくことができます。

 

 

応募作品一覧

 こちらのページから、本コンテストに応募された作品一覧をご覧いただくことができます。

 

 

会津若松市オープンデータコンテスト 開催概要

 

趣旨

 本市では、行政の透明性・信頼性の向上、および地域活性化を目指し、平成24年度よりオープンデータの取り組みを進めています。

 今回のコンテストでは本市の取り組みをさらに加速させるため、オープンデータを活用したアプリやアイデア、各種団体等が保有する公共的データやオープンデータの普及啓発に資する市民活動の公開情報などをオープンデータ作品として広く募集し、集まった作品のなかから優秀なものを表彰します。

 

募集対象

 本市のオープンデータに関連する作品・活動全てを募集対象とします。

 例えば・・・

 ・本市の公開データを活用したアプリ、サービス

 ・こんなアプリ、サービスがあったらいいのに!というアイデア

 ・あると役立ちそうなデータの作成

 ・マッピングパーティー、アイデアソンなどオープンデータの普及・啓発に資する活動

 

 ただし上記のいずれについても、データ(テキスト、画像、CSVファイルなど)またはアプリ・サービスとして目に見えるものの提出が必須となります。

 例えばアプリアイデアの場合はそのアイデアの詳細やイメージ、アイデアソンの場合はイベントの中で出たアイデアのリストの提出を必須用件とします。

 

 ▼ マッピングパーティーとは? ▼

 実際に町を歩いて、自分たちで地図を作るイベントを指します。具体的には、「オープンストリートマップ」や「会津若松市地図サイト」などの地理情報システムを通じて登録されたデータが応募対象作品となります。

 

 ▼ アイデアソンとは? ▼

 「アイデア」と「マラソン」をかけ合わせた造語。
 特定のテーマについて複数チームで分かれてアイデアを出し合い、数時間かけて(マラソンのように)アイデアをまとめていく手法またはイベントを指します。

 

部門および応募作品例

 本コンテストは以下の4部門を設け、部門別に作品を募集します。

 1.アプリ・サービス部門

    ⇒本市の公開データを活用したアプリ・サービス

 2.データ部門

    ⇒あると役立ちそうなデータの収集・作成

 3.アイデア部門

    ⇒こんなアプリ・サービスがあったらいいのに!というアイデア

 4.活動部門

    ⇒マッピングパーティー、アイデアソンなど、オープンデータの普及・啓発に資する活動

 

 「アプリ・サービス部門」作品例 「データ部門」作品例 「アイデア部門」作品例 「活動部門」作品例
 月別1歳毎年齢別人口ビューワ  公園リスト  アプリアイデア 活動報告書
 
会津若松市のオープンデータ「月別1歳毎年齢別人口」を利用した、月別・年齢別の人口数閲覧アプリ等 市内にある公園の名称と住所を一覧としてリスト化したもの等 特定のテーマ(雪対策など)について個人またはグループなどで検討したアプリアイデアをリスト化したもの等 オープンデータの普及・啓発に資する活動の内容紹介や活動報告書、活動予定などの資料等

 

 ※その他の作品例として、昨年度の応募作品一覧もご覧いただけます

 

応募作品の取扱い

 応募いただいた作品は、後日開設する作品紹介ページや、本市のオープンデータ利活用基盤「DATA for CITIZEN」にて随時公開されます。

 作品紹介ページに掲載されたデータやアイデア(過年度分含む)を二次利用した作品も大歓迎ですので、ぜひご活用ください。

 (例)データ部門で応募されたデータを使ったアプリやアイデアの応募、活動部門で応募された報告などのデータ化など

 既存の応募作品を二次利用した作品が提出された場合、審査においては二次利用した作品、された作品双方に加点されます

 

対象者

 個人、グループ、法人等いずれも応募可能です。国籍や居住地、言語による制限はありません。市外からの応募も大歓迎!

 

実施スケジュール

 告知・募集開始 ・・・ 平成27年7月10日(金)
 作品提出締切  ・・・ 平成27年11月12日(木) 【18:00必着】
 一次審査期間  ・・・ 平成27年12月7日(月)~平成27年12月18日(金)

 二次審査     ・・・ 平成28年1月18日(月)
 ※一次審査を通過した作品(10作品程度)は、二次審査にて応募者自身による作品説明をお願いします。(審査への出席 or プレゼン動画提出)
 表彰式      ・・・ 平成28年2月12日(金)

 ※受賞された方には表彰式への出席をお願いする予定ですので、極力応募者ご本人さまがご出席できるよう日程調整をお願い致します。

 

審査

 応募された作品に対しては、以下の基準をもとに審査を行います。

 1.行政課題の解決に貢献するものであるか

 2.市民生活の向上に役立つものであるか

 3.独自性や創意工夫が認められるか

 4.楽しさ、親しみやすさが感じられるものであるか

 5.作品の内容や魅力が分かりやすく伝わる説明がなされたか

 6.ひとつの作品として完成されているか(特にアプリ・サービス部門)

 7.オープンなライセンスで公開されているか

 8.作品の二次利用が行われたか

 

 なお上記の基準1にある「行政課題」のテーマ例を以下に示しますので参考としてください。もちろんこれ以外の課題を取り上げていただいても構いません。

 ・デジタルデバイド解消   ・観光客誘致   ・雇用創出   ・空き家対策  ・医療費抑制   ・災害対策   ・雪対策

 ・福祉、高齢化対策     ・経済活性化   ・定住促進   ・子育て支援  ・少子化対策   ・教育施策   ・ゴミ排出量削減 

 

表彰

 最優秀賞に選ばれた作品には、会津若松市より賞状と副賞(20万円)を授与致します。

 その他、審査結果により各作品に対して優秀賞、部門賞などを授与致します。

 ※昨年度の受賞作品はこちらからご覧いただけます!

 

応募方法

 ▼応募用フォーム

 作品の応募はこちらの応募フォームからお願い致します。

 

 フォームからの応募が難しい場合は、以下の応募用紙を印刷して郵送にてご提出ください。開庁時間内であれば直接情報政策課へご持参いただいても構いません。

 ※なお応募にあたっては、作品説明の資料(スライド等)を1枚以上添付してください

 

 ▼応募用紙ダウンロードリンク(ODF、PDF、Office)

応募用紙(ODF形式)(19KB)

応募用紙(MSOffice形式)(32KB)

応募用紙(PDF形式)(43KB)

 

動作環境および提出条件(アプリ・サービス部門のみ)

 ▼動作環境

 使用するツールや開発言語に特に制限はありません。
 ただし制作するアプリケーションは、パソコン・タブレット・スマートフォンにおいて、下記いずれかの環境で正常に動作するWebアプリ、Androidアプリ、iOSアプリとします。
 動作条件を満たさない場合は、作品提出後であっても修正を依頼させていただくことがあります。
 Webアプリ ・・・ Internet Explorer 8.0以上、Firefox 31.0以上、Google Chrome 36.0以上、Safari 5.1以上
 Androidアプリ ・・・ Android 4.0以上
 iOSアプリ ・・・ iOS 7以上

 ※その他の環境については応募時にご相談ください

 

 ▼提出条件

 アプリ・サービス部門に応募される場合、一次審査開始までにアプリ・サービスが上記の環境を満たす一般的な端末にて確認できる状態になるようお願い致します。(例 : App Storeへの掲載、動作が確認できるテスト端末の郵送、動作中のアプリの動画提出 等)

 

アーバンデータチャレンジ2015への応募について

 会津若松市は、一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会、および東京大学空間情報科学研究センター「次世代社会基盤情報」寄附研究部門が主催する、地域課題解決のコンテスト「アーバンデータチャレンジ2015」の地域拠点となっています。

 会津若松市オープンデータコンテストにご応募いただいた作品は、並行してアーバンデータチャレンジ2015にもご応募いただくことが可能ですので、積極的にエントリーしてみてください!

 

特記事項

 ・開発者登録を行うと、「DATA for CITIZEN」上にデータを登録することができます。自分たちで集めたデータを活用したい場合は、データの登録をお願いします。

 ・アプリ・サービス部門への応募の場合、『作品が「DATA for CITIZEN」上のデータを1つ以上使用していること』が重要な審査項目となります。もし必要なデータがDATA for CITIZEN上にない場合は、上記にご案内した通り、開発者としてデータの登録を行い、そのデータを活用した作品をご応募ください。
 ・必要とするデータが「DATA for CITIZEN」上にない場合、DATA for CITIZENの「要望」メニューからデータをリクエストしてください。(全てのデータを公開できるとは限らないのでご了承ください)。
 ・応募物の著作権は応募者本人に帰属しますが、基本的にはオープンライセンスで扱われるものとします。

 

個人情報の取扱いについて

 ・応募の際にいただいた個人情報は、本コンテスト運営(応募状況や受賞のご連絡等)および今後の類似イベントのご案内にのみ利用します。
 ・取得した個人情報を第三者に提供することはありません。ただし、入賞者氏名(もしくはグループ名・企業名)は発表のために公開します。
 ・取得した個人情報については、漏洩、減失または棄損の防止と是正、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 情報政策課(担当:本島、藤井)
  • 電話:0242-39-1214
  • FAX:0242-39-1412
  • メール送信フォームへのリンクメール