平成30年度文化活動への助成事業について

2017年11月30日

 

1 公益財団法人福島県文化振興財団助成事業 ※平成30年度から助成事業の内容が変わります

 公益財団法人福島県文化振興財団では、県内に住所を置き、活動の本拠を有する団体が自ら行う文化活動について助成を行っています。

対象となる助成事業

 平成30年4月1日~平成31年3月31日までに実施する次の1~8のいずれかの事業に該当するもの。

  • 1、成果発表事業(美術展、音楽会、演劇・舞踊の公演、文芸誌・郷土史誌の出版、短歌・俳句大会など)
  • 2、発表会等への参加事業(県代表以上の資格またはそれに準ずる資格で出場・出品、国内の公的機関によるコンクール等への招へい)
  • 3、特認事業(講演会等の文化事業で、その内容が全県的に大きな影響を与え、県民文化の振興に著しく寄与すると認められた事業)
  • 4、文化団体への事業(文化活動に関し連絡調整することを目的とする全県規模の文化団体の事業)
  • 5、被災者文化活動支援事業
  • 東日本大震災又は原子力災害で被災した県民及び文化団体が参加する芸術文化及び伝統芸能に関する事業
  • 東日本大震災又は原子力災害で被災した県民及び文化団体が伝統文化の保存・継承のために行うソフト事業
  • 東日本大震災又は原子力災害で被災した県民及び文化団体が所有する伝統芸能の用具等の新調・修理事業
  • 6、文化財の保護事業
  • 有形文化財・記念物の保存・補修事業、無形文化財・民俗文化財の備品整備・伝承及び記録事業等
  • 経済産業省が認定した近代化産業遺産(国及び自治体所有を除く)の保護・保存の事業
  • 文化財関連の展示や民俗芸能等の発表会を目的とした事業等
  • 7、文化振興による地域づくり事業(文化振興による地域活性化及び文化資源を生かした地域づくりに関するソフト事業)
  • 8、伝統文化の保存・継承・発展事業(伝統文化の保存・継承・発展を目的とし、全県的・地域的に影響が大きいソフト事業)

 

申請受付期間  ※平成30年度より、年2回の募集(前期・後期)を廃止し、年1回限りの募集となりましたのでご注意ください。

 

 平成29年12月1日(金)~平成30年2月28日(水)  期日厳守

 

  • 出版事業については、刊行後1年以内(刊行日より1年以内)のものを対象とするほか、当該年度中に刊行予定のものも助成申請を受け付けます。
  • 発表会への参加事業のうち、東北大会の結果を受けて全国大会へ参加する場合等も、上記期間で申請を受け付けます。参加を見込んで申請書類を作成してください。
  • 全事業共通で年度中1回まで申請を受け付けます。
 

申請方法

  • 申請から助成金交付までの流れ
   
   「助成金交付申請書」等申請書類一式を市文化課(文化振興グループ)へ提出
   ↓
   採用が決定した団体には、市文化課を通して「助成金交付内定通知書」が送付されます
   ↓
   助成が内定した団体は、事業終了後、2ヶ月以内に「助成事業実績報告書」及び添付資料等を市文化課へ提出
   年度末間際に事業が完了する場合は、助成事業が完了した日が属する会計年度の翌年度4月5日までに市文化課へ提出
   ↓
   「助成事業実績報告書」を受けて、市文化課を通して「助成金確定交付通知書」が送付されます
   ↓
   「助成金確定交付通知書」を受理した団体は、速やかに「助成金確定交付請求書」を市文化課へ提出
   ↓
   交付(指定された団体の口座へ振込)
   
     ※太字部分が、申請団体が市文化課に提出する書類となります。なお、申請書類については下記よりダウンロードすることができます。
 

申請書類

 
  事業の内容により提出書式が異なります。ダウンロードする際は下表でご確認ください。
 
申請する事業内容助成金交付申請書助成事業実績報告書助成金確定交付請求書
上記1、2、3、4、5、6  に該当する事業 必要なページ:1、2、3、5 共通 共通
上記7、8 に該当する事業 必要なページ:1、2、4、5 共通 共通

 

申請先・お問い合わせ

会津若松市教育委員会文化課 文化振興グループ(市役所栄町第二庁舎内)

(電話)0242-39-1305 (FAX)0242-39-1272

 

 ※ 福島県文化振興財団に直接申請することはできませんのでご注意ください。

 

 

 

2 公益財団法人会津若松文化振興財団文化振興基金助成事業

 公益財団法人会津若松文化振興財団では、市内の文化団体等の文化芸術活動を援助、奨励し、活動が自主的かつ活発に推進され、地域の芸術文化活動の振興及び豊かな地域文化の形成と発展に寄与することを目的に助成活動を行っています。

 

対象となる助成事業

  • 1、創造活動・・・芸術性や創造性のある文化活動の成果を広く市民に公開するもの(演奏発表会、演劇公演、自主映画会等)
  • 2、鑑賞活動・・・広く市民に公開するもので、芸術文化の吸収、摂取の機会を提供するもの
  • 3、文化団体等の育成・・・活動が特に次代を担う青少年の育成などに資し、地域文化の向上に寄与するもの
  • 4、人材養成・・・舞台機構の専門的なスタッフの養成や、アートマネージャー育成に関わる専門スタッフ養成のための派遣研修に対する助成や、優れた実演家及び専門スタッフによる講習会等に係る助成活動等
  • 5、その他・・・講演会等の文化振興事業で特に市民文化の振興に寄与すると認められる活動等
 

申請受付

申請区分助成対象となる事業の開始日助成申請締切日
第1期 平成30年4月1日~7月31日 平成30年1月31日(水) 
第2期 平成30年8月1日~平成31年3月31日

平成30年5月31日(木) 

 

助成限度額

一事業対象経費の1/3または10万円以内

 

申請方法

申請方法、詳細については公益財団法人会津若松文化振興財団ホームページをご覧ください。

http://aizu-bunka.jp/foundation

 

申請先・お問い合わせ

公益財団法人会津若松文化振興財団(会津若松市文化センター内)

文化振興基金担当  (電話) 0242-26-6661  

              (メール) info@aizu-bunka.jp

 

 

 

お問い合わせ

 

  • 会津若松市教育委員会 文化課)文化振興グループ
  • 住所:会津若松市栄町5-17 市役所栄町第二庁舎内
  • 電話:0242-39-1305
  • FAX:0242-39-1272
  • メール送信フォームへのリンクメール