ローカル鉄道で行く!絶景の会津観光【観光客向け】

2016年6月30日

湯野上温泉駅のマウントエクスプレス.JPG 橋上のお座トロ展望列車.jpg
 浅草と会津若松は、東武鉄道、野岩鉄道、会津鉄道により1本の線路でつながっています。この鉄道ルートを使うことで、車窓からの絶景を楽しみながら、浅草から最短で乗り換え1回、約4時間で会津若松まで行くことができます。知る人ぞ知る会津への絶景ルートと、ローカル鉄道で楽しむ会津観光の魅力を紹介します。
 
  • 経路検索の『駅すぱあと』を運営するヴァル研究所が立ち上げたECサイト、『駅すぱモール』にて会津鉄道と会津地域を強力にプッシュしています!是非ご覧ください!

 

     駅すぱモール.jpg

東武・野岩・会津鉄道ルートは、知る人ぞ知る会津への絶景ルートです!

  浅草や北千住から東武鉄道を使って野岩鉄道・会津鉄道経由で会津に入るルートは、新幹線よりも安く、高速バスよりも快適な、知る人ぞ知るリピーターの多いルートです。乗り継ぎの良い列車を狙って乗れば、乗り換え1回、所要時間も約4時間で、ゆったり座席で車窓からの絶景も楽しめます。まずは一度お試しください!

 

  • 車窓からは都会では味わえない絶景を楽しめます
  • 会津鉄道は、楽天トラベルが平成26年9月に実施したアンケート『旅行好きが選ぶ、おすすめのローカル列車ランキング』で、4位にランクインするなど、全国にその名知られる絶景ローカル鉄道です。
  • 春には桜、夏には新緑、秋には紅葉、冬には雪景色と、1年を通じて見ごたえのある景色が続きます。他の交通機関では味わえない車窓からの景色を眺めていると、移動中も観光を楽しめる時間になります。

 

      

                                              (You Tubeについてはこちら)

 

  • 車内快適で乗り換え1回の『AIZUマウントエクスプレス』
  • 東武・野岩・会津鉄道ルートを利用して会津まで旅行する場合は、東武鉄道線内から会津まで直通の快速『AIZUマウントエクスプレス』が便利。車内は新幹線のように快適なうえ乗り換えは1回。乗り換えの鬼怒川温泉駅では、同じホームで東武鉄道の特急『スペーシア』から乗り換えることができます。
  • 11時37分に東武日光発、12時10分に鬼怒川温泉発の『AIZUマウントエクスプレス3号』では車内販売も行われており、アテンダントが会津までご案内します。

 

      マウントエクスプレス外観写真.JPG マウントエクスプレス車内写真.JPG アテンダント写真.jpg


  • お得なきっぷ『ゆったり会津 東武フリーパス』
  • 東武・野岩・会津鉄道を使って会津方面に旅行する場合は、鬼怒川温泉エリアから会津エリアまでフリー区間で乗り降り自由の、「ゆったり会津 東武フリーパス」がお得で便利です。
  • 通常の往復運賃よりお得なうえ、4日間有効なので3つの鉄道沿線の観光スポットをたっぷり気ままに楽しむことができます。

 

おススメのモデル列車

 

   観光モデル列車(行き).jpg

   観光モデル列車(帰り).jpg

  • 時刻表と二次交通情報についてはこちら

         H2803_二次交通マップ(時刻面).pdf(2MB) H2803_二次交通マップ(map面).pdf(2MB)

 

ゆったり東武・会津フリーパス

 

区間 通常の往復運賃 フリーパス料金 お得料金

浅草駅~会津若松駅

大人  9,360円 大人  7,260円 - 2,100円 
 小人  4,680円 小人  3,650円 - 1,030円 

北千住駅~会津若松駅

大人  8,980円 大人  6,980円 - 2,000円 
 小人  4,500円  小人  3,510円

 - 990円 

  
     ゆったり会津東武フリーパスのフリー区間.gif
    ※ 乗り降り自由のフリー区間は、東武鉄道下今市・東武日光駅から、JR磐越西線喜多方駅までです。
    ※ 特急列車をご利用の場合は、別途特急料金がかかりますのでご注意ください。
 

お問い合わせ

  • 会津・野岩鉄道利用促進協議会(事務局:会津若松市役所 地域づくり課)
  • 電話:0242-39-1202
  • FAX:0242-39-1403
  • メール送信フォームへのリンクメール

関連ワード