出荷・販売用の自生山菜・たけのこ等のモニタリング調査結果について

2013年6月3日

出荷用の自生山菜・たけのこ等について

 自生の山菜・たけのこ等を出荷・販売される生産者の皆様は、下記の方法により、毎年採取した市町村毎に県のモニタリング調査で1品目につき1回以上の調査を行い、安全が確認された品目のみ出荷・販売が可能です。
 
 ※調査済みの品目でも、採取場所が合併前の旧市町村で異なる場合などは調査ができますので、市農林課へご相談ください。
 ※未調査の品目は出荷・販売できませんので、調査へのご協力をお願いいたします

出荷・販売用の自生山菜・たけのこ等モニタリング調査結果の最新情報

 現在、市内で出荷・販売用に採取された自生の山菜等のうち、「こしあぶあら」は、食品衛生法における一般食品の出荷を差し控える対象品目です。
 出荷・販売の際に、安全確認済であることを提示する場合は、下記の出荷用自生山菜等モニタリング結果一覧表、新聞記事のコピーや県のホームページ「ふくしま新発売」のモニタリング結果を出力したものをご利用ください。

モニタリング調査対象の品目について

 出荷・販売予定を予定している自生の山菜・たけのこ等は、下記の主要15品目を含めて、すべてモニタリング調査の対象です。
 
 【調査対象の主要15品目】
山菜類
(13品目)

わらび、ぜんまい、ふき、うど、うわばみそう、たらの芽 くさそてつ(こごみ)、

こしあぶら、もみじがさ(しどけ)、みやまいらくさ(あいこ)、ふきのとう、さんしょう、おおばぎぼうし(うるい)

たけのこ
(2品目)
たけのこ(孟宗竹、淡竹、真竹)、ねまがりたけ
 

県のモニタリング調査の流れ

 上記に記載されている主要15品目の調査日程は下表のとおりです。また15品目以外は随時受付を行い、数日中に結果をお知らせしますので、詳細は市農林課へご連絡ください。

 【主要15品目のモニタリング調査の流れ】
実施時期(毎週) 説  明
毎週金曜日17時まで 山菜などの発生初期に、市農林課へ電話にて県のモニタリング調査を申し込みます
申請した翌週の月曜日午前中まで 検体として、山菜等の水洗いした可食部500グラム以上を市農林課へお持ちください
申請した翌週水~金曜日 検体を県の検査機関へ搬入してモニタリング調査を行います
申請した翌週金曜日17時以降

申請された方へ、速報の結果を市農林課から電話とFAXで連絡し、新聞、県や市のホームページへ公表します。
※速報から約1週間後に、結果通知書を郵送します


県のモニタリング調査申請時の確認事項

 市農林課へ申請される際に、下記の項目についてお聞きします。  

  • 採取者の住所、氏名、連絡先、主な出荷先(JA、○直売所、など)、出荷予定量(○kg、おおよその予定量で結構です)
  • 品目、採取量(○kg)、採取日時と天候、採取場所(市・町・村~採取地の字名、又は付近の集落名迄
  

県のモニタリング調査結果の確認方法


パソコン等による確認

 

【市内で採取した品目】
 本ホームページの山菜等モニタリング結果一覧表(上記のPDF)、又はパソコン等の

 検索サイトで 「ふくしま新発売」と入力し、県のモニタリング情報サイトで確認する。
【他の市町村で採取した品目】

 パソコン等の検索サイトで「ふくしま新発売」と入力し、県のモニタリング情報サイトか

 ら採取した市町村の品目の調査結果を確認する。

新聞による確認

新聞に掲載されている市町村毎のモニタリング結果で確認する。

電話による確認

会津農林事務所や市農林課へ、電話によりモニタリングの実施状況を確認する。
 

県のモニタリング調査に提出する検体の買い取りについて

 モニタリング調査用に提出する山菜類は、主要15品目は県が設定した金額で買い取りますので、必要な書類は後日県から直接送付されます。 また、主要15品目以外は無償提供による調査となりますのでご了承ください
 

県のモニタリング調査結果通知書について

 県の調査を申請された方へ、速報から1週間程度で結果通知書を郵送いたします。

栽培きのこのモニタリング調査について

 栽培きのこは、原木栽培用の原木やほだ木の暫定基準値が平成24年4月1日から150から50ベクレルに、菌床栽培用のおが粉の基準値は150から200ベクレルに改正されました。
 栽培きのこを生産されている方が、新たに原木への植菌や菌床栽培用培地の調製を行った場合、きのこの出荷を始める前に必ず原木栽培の場合は「ほだ木」を、菌床栽培の場合は培地の検査を出荷から1ヶ月前以内に行い、そこから発生したきのこも出荷前にモニタリング調査が必要です。
 さらに、「乾燥しいたけ」や「なめこの缶詰」等は、加工食品として県の保健所のモニタリング調査が販売前に必ず必要となりますのでご注意ください。
 栽培きのこの出荷に関する詳細は、市農林課へお問い合せください。

自家消費用の山菜・たけのこの放射性物質の検査について

 検査をご希望の方は、会津若松市健康増進課 電話:0242(39)1299へお問い合せください。
なおパソコン等で下記ホームページにてご確認いただけます。
※出荷制限、摂取制限を受けたり、流通・販売(予定を含む)しているものは、検査の対象外です。


食用の山菜等と間違えやすい有毒の山菜等

 下記の判断に迷う山菜類は、専門家や最寄りの保健所や下記へお問い合せください。
また、知らない山菜は採取したり絶対に食べないようにしてください。

有毒な山野草 食べられる山野草
トリカブト ニリンソウ、ヨモギ、モミジガサ など
バイケイソウ、コバイケイソウ オオバギボウシ(ウルイ)
スズラン ギョウジャニンニク
スイセン ニラ
ハシリドコロ フキノトウ
ドクセリ セリ

福島県食品安全衛生課http://www.pref.fukushima.jp/eisei/syokuan/syokuhin1/syokuhin/yasou/yasou.htm

自生の山菜・たけのこに関するお問合せ窓口

  • 福島県会津農林事務所林業課(喜多方合同庁舎内)
  • 電話:0241-24-5734

  • 会津若松市役所農林課
  • 電話:0242-39-1254
  • メール送信フォームへのリンクメール