「農業の6次化」に関する相談・参加をお待ちしています!

2017年5月31日

  会津若松市では「農業の6次化」を推進しています。
  ここでいう「農業の6次化」とは、第1次産業である農家が自分たちの作った作物を原材料として加工・製造(第2次産業)を行い、さらに流通・販売(第3次産業)も行なう取り組みのことです。
   具体的な例としては、農家が自分たちが作った農産物をもとに、もちや漬け物などの加工品を製造・販売したり、農家民宿や農家レストランを経営したりすることが挙げられます。
  「農業の6次化」は農家だけでなく、地域全体にメリットがある取り組みです。
  6次化が進むことで地元の農産物を原材料とした食品が地元で作られるようになり、消費者は作り手の顔が見える安全な食品を、安心して買うことができるようになります。また、材料の生産から加工までを地元で行なうため、必要な設備や労働力を地元で確保し、そのために支払われる加工の代金や賃金が地元へ入る仕組みを作ることができます。地元に入った収入は、さらに消費を生み出すので地域全体に恩恵が広がっていきます。
 
  「農業の6次化にチャレンジしたいけど何をすればいいのか分からない…」から一歩前へ!
  皆さんのご参加をお待ちしております。  

1.6次化コーディネートシステム

 
  • 事業内容:専門員(コ-ディネ-タ-)が、商品開発に関するアドバイスや、販売先の紹介、経営アドバイスなどを行います。お気軽にご相談ください。
    (例)イチゴをジャムに、野菜を漬物にして売りたいが、手続きがわからない。
       トマトソースを作ったので、販路を開拓したい。
       6次化にあたり、経営についてのアドバイスがほしい。
    2017年度版6次化相談募集チラシ.pdf(290KB)

 

  • コーディネーター
  • 山際博美氏 (山際食彩工房 代表)
  • 横田純子氏 (特定非営利活動法人素材広場 理事長)
  • 小堀健太氏 (小堀コンサルタント 代表)

 

  • 対象者:会津若松市の農業者
  • 受付期間:随時
  • 費用:無料(相談業務のみ)
    活動支援のための相談:3回まで
    事後支援のための相談:2回まで
  • 申し込み方法:下記申込書にご記入いただき、農政課までお気軽にお申し込みください。
    コーディネート利用申込書(様式1).pdf(26KB)
      
 
 
 

2.女性農業者への支援

 女性農業者同士の情報交換などを通し、市場ニーズに沿った6次化商品の開発を支援します。
  • 女性農業者のネットワークづくりや研修
  • チャレンジ販売
  • 参加を希望される方は、市役所農政課にご連絡ください。
 

 

お問い合わせ

  • 会津若松市 農政課(「会津若松市農業振興協議会」事務局) 
  • 電話:0242-39-1253
  • FAX:0242-23-8180
  • メール送信フォームへのリンクメール