水道管の凍結防止

2017年1月12日

水道管の凍結対策

冬の準備!

  • 水道メーターで漏水を確認しよう!!
  • 冬に入ると降雪の日が続き、漏水の発見が困難となります。メーターを通過しての漏水は、水道料金にはね返り使用者の負担となりますので、もう一度メーターを確認して、漏水の調査をしてください。

凍結防止の方法は?

 気温が下がり零度以下になると、蛇口及び水道管内の水が凍り始め、水が出なくなったり、水道管が破裂するおそれがありますので、次の方法等による凍結防止をお願いします。


  • 不凍水抜栓による水抜き!
  • 不凍水抜栓を閉めることにより、蛇口や水道管の中の水が地中に抜けます。このとき注意することは、必ず蛇口を開けて空気を入れてください。蛇口を開けないと、不凍水抜栓を閉めても水は抜けません。

  • 水道管に保温材を巻く!
  • 水道管が外気に触れている部分に、保温材を巻いてその上からビニールテープを巻きます。保温材はホームセンター等で販売しています。

  • 水道管に電熱ヒーターを巻く!
  • 水道管が外気に触れている部分に、電熱ヒーターを巻きます。取付けなど詳しいことについては、市指定給水装置工事事業者にご相談ください。

  • 水を出しっ放しにする!(応急措置)
  • あまりお勧めはできませんが、不凍水抜栓の故障や電熱ヒーターが切れて使用できない場合などは、蛇口から水を少しずつ放水する。ただし、この方法だと水道料金にはね返ります。

凍結してしまったときは?

  • ぬるま湯をかける!
  • 蛇口や水道管にタオルなどをかぶせ、その上からぬるま湯をかけながら溶かします。急いで熱湯をかけると蛇口や水道管が破裂することがありますので、十分ご注意ください。

  • ドライヤーで溶かす!
  • 蛇口や水道管にドライヤーの温風を直接あてて溶かします。


  • それでも溶けないときは?
  • 市指定給水装置工事事業者に依頼してください。ただし、料金は使用者の負担になります。

破裂してしまったときは?


  • 市指定給水装置工事事業者に依頼してください!
  • まず、応急措置として不凍水抜栓を閉めて、破裂した部分にテープなどをしっかり巻きつけてから修理を依頼してください。修理費用は使用者の負担となります。

お問い合わせ

  • 会津若松アクアパートナー株式会社
  • 電話:0242-22-6171
  • FAX:0242-22-6178